ドメスティックな彼女(8) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.08
  • (7)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 100
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (216ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063955996

作品紹介・あらすじ

『GE~グッドエンディング~』の流石景が描く、衝撃のラブストーリー! 初体験の相手・瑠衣&想いを寄せる高校の教師・陽菜と突然家族になった夏生は‥‥。一つ屋根の下、ピュアで過激な三角関係!!

陽菜が消えてしまった…。夏生を守るため、陽菜は誰にも行き先を告げなかった。彼女への想いが断ちきれず、憔悴する夏生には瑠衣ですら、声をかけることができない。しかし、そんなどん底から立ち直るため、夏生は大きな決断を自らに下したのだった──。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • いなくなっちゃった...

  • 『月光の囁き』『惡の華』的な漫画を探し続けているので、その手の作品である可能性を感じて1巻から最新の8巻まで読んでみたけど、全く見当はずれでした。少年誌連載のようだし、そらそうか。
    『アイズ』みたいな主人公が優柔不断かつ異様にモテるちょっとエッチな青春ラブストーリーだけど『アイズ』ほどは面白くなかったです。まああっちは思い出補正だいぶかかってるので、昨今の中高生にとってはそういう(主にエロが)心に残る作品になるのかもしれない。アイズだって今思えばそんなにエロいもんじゃないですからね。いずれにしてもまだ少なく見積もっても半分ぐらいの進行具合だと思うのでこれからですね。この八巻で妹はちょっとスイッチ入ったようですし、もっとどんどん歪んでいったら面白くなるかもしれない。そんな期待は持てる第八巻でした。

  • ヒナが姿を消してしまったけど、無事に立ち直れてよかった…。
    ルイと、とくにフミくんがいい仕事をしたなぁ。
    初詣の、フトモモ少女はまた出てくるのかな?
    文芸部の新入生、昴がナツオの秘密を握ってしまい今後の展開が心配だけど楽しみ。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

(さすが けい)
青森県出身。東洋美術学校出身。
2009年『週刊少年マガジン』本誌でデビュー。代表的な作品に『GE~グッドエンディング~』(全16巻)がある。現在『ドメスティックな彼女』(単行本6巻~)を連載中。

「2015年 『真田幸村 ―風雲! 真田丸― 戦国武将物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ドメスティックな彼女(8) (講談社コミックス)のその他の作品

流石景の作品

ツイートする