進撃の巨人(20) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.06
  • (103)
  • (154)
  • (68)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 1385
レビュー : 80
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063957204

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2体に勝利。でもアルミンが。

  • うわああああ…‼︎ あーもー何も言えねえ。

  • 20冊まとめて再読。
    10巻が神だと思ったわー。

    ユミルはどうしているのだろう。

    兵長とアルミンが決断者でしたか。
    アルミン。。。

    やっぱこの物語はすごいわー。

  • 巨大ということは単純だけどものすごいことでとても怖い…と一巻を読んだときに感じたことを思い出した、なにもかも絶望的な初心に返る巻です。本当に最終決戦なんだ…心が展開に追いつかないなか、ラストのエレンには鳥肌たった!

  • 巨人を避けるために壁に囲まれて暮らす人々のところに結局巨人が襲ってきて、そもそも巨人は何者なんだ?と真相に迫って行く話。第1話で主人公の母親が巨人に殺されて、なんならその数話先で主人公も巨人に食われるっつー内容に衝撃を受けた。巨人の謎を解くためには主人公の自宅の地下室に行かないとならないんだが、1巻から言い続けてるにも関わらず、20巻になった今も謎を知るための地下室に未だたどり着いてない(笑)21巻できっとたどり着く。

  • 怒涛の展開だった。メインキャラが何人もやばい状態。みんな死んじゃったのかな。あれで生きているとは思えない。特にアルミン。あまりにも無残で泣けた。

  • あまりの鬱展開にわりと序盤から「もう読みたくなーい!」と思ったけど読んだ。
    みんなみんな死んでいく。つらい。なぜ彼らがこんな思いをして戦わなければならないのか…!!!
    しかし苦しいときそんなとき、コニーのギャグを読み返して笑う。

  • メインキャラにも容赦ないこの物語。
    だらだら続く連載も数多くある中、ここまでずっとスピード感を保って物語を進めているのは(多少の中だるみ感はあったにせよ)、稀有な存在ではないか。

    ていうか、へーちょー!?

    それにつきます。

  • なんかすごいことになってる

  • 怒涛、次巻はよ

全80件中 11 - 20件を表示

著者プロフィール

諫山創は、大分県出身の漫画家。
2006年に講談社のMGP(マガジングランプリ)にて『進撃の巨人』が佳作を受賞。2008年、『HEART BREAK ONE』で第80回週刊少年マガジン新人漫画賞特別奨励賞を、また同年、『orz』で第81回週刊少年マガジン新人漫画賞に入選を受賞。
2009年から『別冊少年マガジン』にて『進撃の巨人』を連載開始し、大ヒット。2011年『進撃の巨人』で第35回講談社漫画賞少年部門を受賞。ゲームやアニメなど様々なメディアミックス展開がなされ、2018年時点で単行本は累計7100万部を発行している。

進撃の巨人(20) (講談社コミックス)のその他の作品

諫山創の作品

ツイートする