あひるの空 BIGTIME CHANGES(45) (講談社コミックス)

著者 : 日向武史
  • 講談社 (2016年8月17日発売)
3.93
  • (4)
  • (5)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :86
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063957716

作品紹介・あらすじ

149cmと小柄な高校生ながら、天性の才能を魅せるバスケ少年・車谷空! 入学先のクズ高で、最初はバスケをやるには困難な状況だったものの、空の熱意に影響を受けて、千秋・百春兄弟や、天才少年・トビなど続々メンバーが集まった! 順調に進みだしたクズ高バスケ部だったが、挫折や事件とあらゆることに巻き込まれていく‥‥。バスケを愛する空たちは、数々の困難にどう立ち向かうのか!?

いよいよ始まる、県予選3回戦! 代表候補の本命とされる妙院高校との対戦を前に、空達、クズ高メンバーは他校の試合を観戦! 以前、練習試合をした里実西高・女子の試合が行われており、空達だけでなく、すでに負けている円達も試合観戦にやってくる。里実西のキャプテン・新と因縁のある円だが、試合の勝敗ではなく、新の行く先を見届けたいという想いを持って試合を見つめるが‥‥!!

あひるの空 BIGTIME CHANGES(45) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 出だし。

  • 口は悪いけど新かっこいい!
    監督と新が親子だってことに今さら気づいた!そういえば名字一緒だ。
    新と円が仲良し?になってる未来の描写にほっこり。

  • まことちゃんの話が良い方に進みますように

  • 【c.h.a.o.s.m.y.t.h】
    未来とは ただの言葉だ
    懸けるのは 今だけでいい

    この出会いは奇跡なのかもしれませんが
    それが永遠じゃないことくらい
    子供でもわかります

    僕は小学二年の七ヶ月を病院のベッドで過ごした。
    あの七ヶ月は、時間の感覚で言えば正に無限で、
    たぶんいろんなものを習得する機会を多数失った期間だったと思う。

    それを"経験"と言っていいものなのか…、
    手探りもできず流れてしまった時間はもう無価値
    だけど、せめて自分の漫画で記すくらいの恩恵は、受けてもいいと思うんだ。




    ワンオクみたいにイニシャル繋いで作品にしたら、それは永遠?
    少なくとも、もっと永く一緒に居られる。
    ギリギリまで、真剣に遊んでいたい作品。

全4件中 1 - 4件を表示

あひるの空 BIGTIME CHANGES(45) (講談社コミックス)のその他の作品

日向武史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする