不滅のあなたへ(1) (講談社コミックス)

著者 : 大今良時
  • 講談社 (2017年1月17日発売)
3.86
  • (33)
  • (58)
  • (43)
  • (5)
  • (0)
  • 本棚登録 :518
  • レビュー :37
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063958423

作品紹介・あらすじ

何者かによって
”球”がこの地上に投げ入れられた。

情報を収集するために機能し、
姿をあらゆるものに変化させられる
その球体は死さえも超越する。

ある日、少年と出会い、そして別れる。

光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ……
刺激に満ちたこの世界を彷徨う
永遠の旅が始まった。

これは自分を獲得していく物語。

『聲の形』の大今良時が贈る、永遠の旅。真っ白な魂で世界に降り立つ、邂逅の第1巻!──現実だけが自分が誰なのかを教えてくれる。だから僕は、旅に出る。

不滅のあなたへ(1) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 『聲の形』の作者の最新作の第一巻。
    『聲の形』で感じた得体のしれない感じ、が気になってお試し買い。
    んーどうなるんでしょう、このラスト。
    つづきがどうなるか想像がつかない。
    一巻全体の印象はSFなの?ってかんじですが。
    読んでいて『ヴィランド・サガ』と『火の鳥』を思い出した。
    この漫画のジャンルが良く分からなくて自分の脳が無理矢理ひねり出したのかな。

    この人の描く「笑顔」は妙にくにゃっとしてて、なに考えてるかわかんなくて不安になってたんですが、この漫画の後半の女の子の笑顔は混じりけないピュアな笑顔。
    描き分けが上手かったんだなあ、芸達者だなあと思いました。

    ちょっとグロシーンあり。苦手な人は気を付けて。

  • 他の方もおっしゃってますが確かに「火の鳥」へのオマージュやリスペクトを感じる。
    出会った者から刺激を受けてその姿を写しとる謎の「球」の彷徨と成長を描く話。壮大な世界観と粗削りだが緻密な描線が、古き良きジュブナイルSFの趣を醸しだす。
    ジュブナイルというにはグロテスクな描写や過酷な展開も多々あるが、名もなき球が他者との交流を通じ、出会いと別離がもたらす刺激によって自我を獲得していく過程は成長物語としてオーソドックスでさえある。

    彼を地上に送りこんだ存在の正体と思惑や世界の全体像など謎が多く、知的好奇心が刺激される。
    少年に飼われる狼から少年自身へ、無意味な死など一つもないというメッセージ性を体現するが如くその存在の写しを自らの内に取り込んで変化していく彼の旅路に、この先どんな冒険が待ち受けるのかはらはらどきどき。
    今はまだ言葉も感情表現も未熟で、人の形を得ても人足り得ない「彼」が、喜怒哀楽の感情や表情を獲得しながら足跡を記す過程で何を失い何を得るのか、想像が膨らむ。

    二話から登場する二ナンナの少女マーチがこれまた表情豊かで可愛らしく、ころころ変わる百面相や少年とのユーモラスなやりとりが微笑ましい。
    世界観は神話的に豊穣な広がりを見せ、単行本に挿入される神話の断片とリンクするのが憎い演出。

    この作品は全体を通し「変化」をテーマにしてる。
    環境の変化、大人への変化。
    他者が変化する事によって己もまた変化する。
    度重なる変化の連鎖が「種」として、そして「個」としての進化を促す様が綴られて静かな感動に浸れる。

    クリーチャー描写も秀逸。異形の動植物や変身シーンなど、素朴で粗削りな線と、繊細で緻密な描写が同居するダイナミックな作画が魅せてくれる。
    これからが楽しみな作品だ。

  • いろいろ混ざってて不思議な設定、展開が読めず、楽しみ

  • 何者かによって『球』がこの地上に投げ入れられた… どういった世界観なのか、どういった展開になるのか、まだまだこれから期待値が上がるなぁという1巻です。少年のエピソードが切な苦しかった… 感謝のお借り本。

  • 読了後心がざわつきました。
    なぜか分からないのだけど、どうしてもこの後物語が良い方向に転ぶとは考えられなくて、2巻を読むのを先延ばしにしてしまいました。
    感情の描き方がずば抜けていて、人物が行動するたびに次はどんな絶望を感じる事になるのだろう…と、よんでいるこちらがヒヤヒヤとさせられた。

  • 「聲の形」の大友良時による新作。シリアスな現代もので評価された次回作は、これまたシリアスで壮大なファンタジー。しかも謎の生命体が依代を変えながら転生を繰り返すという原始的な宗教観を併せもった意欲作、といったところ。正直、話がどのように転ぶのか分からないのだが、今後の展開に期待がもてる。

  • 何者かによって“球”がこの地上に投げ入れられた。その球体は、情報を収集するために機能し、姿をあらゆるものに変化させられる。死さえも超越するその謎の存在はある日、少年と出会い、そして別れる。光、匂い、音、暖かさ、痛み、喜び、哀しみ……刺激に満ちたこの世界を彷徨う永遠の旅が始まった。これは自分を獲得していく物語。(Amazon紹介より)

  • 凄い作品に出会った!タイトルから、どんなお話なんだろう?と興味をもちましたが、なるほど、そういうことか!
    不思議な生命体がかたちを変えながら場所を移動していく。急に場面が変わるのでびっくりしながらも、展開が読めなくて先が気になってどんどん読んでしまいます。読み終えた後の軽い疲労感と満足感。良い作品に出会えて幸せです。

  • 本屋さんで試し読みをしたのがきっかけで買った。絵柄が好き。試し読みで読んだ部分と後半部分で全然内容が違うけど面白かった。続刊出てるの今日まで気づかなかった。今度買う。

  • 神となるのか。はたまた自我を獲得して何をするのか。

全37件中 1 - 10件を表示

不滅のあなたへ(1) (講談社コミックス)のその他の作品

大今良時の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

不滅のあなたへ(1) (講談社コミックス)に関連する談話室の質問

不滅のあなたへ(1) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする