リアルアカウント(14) (講談社コミックス)

著者 : 渡辺静
制作 : オクショウ 
  • 講談社 (2017年4月17日発売)
4.60
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784063959185

作品紹介・あらすじ

キミは、誰にホントに必要とされてる? 舞台はSNS! 賭けるはツナガリ! 新世紀型デスゲーム始動!! 衝撃と興奮の「頭脳バトルコンペ」受賞作!!

凶器と化すキズナ! ユウマ、まさかの絶命! 『リアアカGO』攻略、そしてミズキ奪還。2つの難題をクリアすべく、ユウマとあやめはダンジョン内を奔走する。光明はプレイヤー達の“キズナ”。しかし、皆殺しを企むハカセマーブルに、同志は血祭りに上げられ、あの仲間達にも死の影が迫る! そして、箱男に支配されたミズキの手にかかり、ついにユウマの命の尽きる時が……!!

リアルアカウント(14) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 蔵科ミズキの心を箱野郎から取り戻し、リアアカGOを攻略出来るか!?

    (ネタバレあり)
    モンスター交換会で希望が見えたと思いきや、ハカセマーブルの残酷な乱入。
    ハカセマーブルに挑発され夢を侮辱され、「オレはその信用ならねぇモンを信じるって決めちゃったんだよ だから引けない」と啖呵をきって勝負を挑むユウマカッコ良すぎ!!
    対決シーンのハカセマーブル「充電500%モンスター全100種所有 能力による効果複数発動中」の圧倒的絶望感やばいな。。

    ミズキの心を取り戻そうと、なりふり構わず胸の内をさらけ出して全力でぶつかるユウマ。
    ユウマにとってはミズキもユウマの夢に欠かせない大切な人。ここまで執着してみせるのは、「愛の告白してるみたい」というあやめの評も誤ってはいない。
    絵本の中のミューが知らなかった言葉、ミズキが「ありがとう」と本心から言えたのは、きっとお母さん以来なんだろう。
    ミズキの心溶かされた泣き笑いの笑顔いいっすね。

    しかしユウマの仲間だったアクトがハカセマーブルの手により脱落…!
    アクトの命を賭けた告白に、カルアの答え方は、全身全霊で性技を尽くすことだった。
    やらしいシーンであるものの、カルアは、愛するアクトに向けて、理不尽なゲームに参加されられ、クソハカセに負けた悔しさと理不尽さ、死への恐怖、フォロワーを裏切ることとなる罪悪感、責任、その全てを吸い付くし、アクトに幸せな気持ちで逝って欲しいという強い想いと、それらを全て背負うカルアの意思を感じられる名シーン。
    復讐を誓うカルアが怖い。

  • アクトが犠牲になってしまった…!
    しかしアクトの最期は少年誌とは思えない展開だった…。
    ユウマはミズキを取り戻せてよかった。
    ユウマは仲間がいないともうとっくに死んでいるよなと思うと、仲間を信じるという信念を持っていて良かった。

全2件中 1 - 2件を表示

リアルアカウント(14) (講談社コミックス)のその他の作品

渡辺静の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

リアルアカウント(14) (講談社コミックス)はこんなマンガです

ツイートする