地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
4.03
  • (11)
  • (14)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 193
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065020029

作品紹介・あらすじ

東日本大震災を境に、日本列島は「大地変動の時代」に入ってしまった! 複数のプレートがひしめく恐るべき地理的条件にあるこの国で生き延びるには、「地学」の知識が不可欠だ。しかし、高校での履修率は低く、多くの人の地学リテラシーは中学レベルで止まったままである。ご存じ「地学の伝道師」が、地学の「おもしろいところ」「ためになるところ」だけを一冊に詰め込んだ、すべての日本人に捧げるサバイバルのための地学入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素晴らしい。衝撃の絶対的必読書。日本に住んでいる方、読むことです。どんなホラーより怖い。

    この本の読後、まさかの展開。世間話をしていたら偶然にもその友人を通してサイン本を頂きました。繋がることがあるんだなあ。読んでいる?いいや、呼んでいるのだ。

  •  たまに無性に読みたくなるブルーバックス。

     地球は丸い。
     子どもでも知ってる当たり前のことに、人類がどうやって気が付いたのか。
     2200年前のギリシャ人が測った地球の円周の測り方は。
     
     超大陸パンゲアや、プレートテクトニクスも近代になるまでは解明できていなかった。
     地球は固体ではなく、流体だった。

     そして地学を知ることは、未来を知ることでもある。
     確実に来る西日本大震災に対して備えることはあるのか。

     地学入門編。

  • 頭にスッと入って来づらいところもあったが、地震の多発する日本に住む人間としては、呼んで損のない教養書である。

  • 【新着図書ピックアップ!】日本は、地球をカバーするプレートの境界線上に存在し、地震の多発国である。その意味で、活発に活動している地球を日々感じている国民なのかもしれない。そんな日々の感覚をより学問的に理解したい人にお勧めの本です。書名の付け方が、福澤諭吉の学問ノススメを模しているが、それだけ、意欲的な本であること著者は考えているのかもしれない。

  • ※スマホ・読上版です!

    【電子ブックへのリンク先】

    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000057432

    ※学外からの学認経由での利用方法
    https://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/2017/07/gakunin_maruzen_ebook.pdf

  • 地学の知識はずいぶんと昔のままだった。アップトゥデイトしてもらった。日本の状況を考えると、後20年の内に南海トラフ大地震を含む西日本大震災が起こるし、朝鮮半島では白頭山の噴火も考えられる。それに富士山の噴火も?東日本大震災で、日本列島は新しい時代に入ってしまたんだな。

  • 地学を学ぶことで防災に関する知識が正しく理解できると感じた。長い時間軸で見ると、現代が極めて大災害の危険性が高いということが理解できた。

  •  大学入試では、理科は地学を選択した(共通一次導入前)。小松左京氏の「日本沈没」がベストセラーになり、プレート・テクトニクス理論が一般に知られようになった。
     最近読んだ上田早夕里氏の「華竜の宮」「深紅の碑文」を読んで、プルーム・テクトニクス理論に興味をもった。

  • 20180117読了

  • 日本人として足元を固めるために読んでおくと良いと感じました。
    その中でもプルームの擾乱→地磁気強度の低下→寒冷化と様々なことが一連の流れであるという部分が面白かったです。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年、東京生まれ。東京大学理学部地学科卒業。通産省(現・経済産業省)を経て、97年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学、地球科学、科学コミュニケーション。京大の講義「地球科学入門」は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。火山研究のほか、科学をわかりやすく伝える「科学の伝道師」。96年に日本地質学会論文賞受賞。著書は『地学のツボ』(ちくまプリマー新書)、『火山噴火』(岩波新書)、『富士山噴火』(ブルーバックス)、『マグマの地球科学』(中公新書)、『次に来る自然災害』『資源がわかればエネルギー問題が見える』『火山はすごい』(以上、PHP新書)、『地球は火山がつくった』(岩波ジュニア新書)、『火山と地震の国に暮らす』(岩波書店)、『地震と火山の日本を生きのびる知恵』(メディアファクトリー)、『世界がわかる理系の名著』(文春新書)ほか多数。

「2018年 『座右の古典 今すぐ使える50冊』 で使われていた紹介文から引用しています。」

地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために (ブルーバックス)のその他の作品

鎌田浩毅の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
恩田 陸
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする