地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.93
  • (12)
  • (18)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 228
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065020029

作品紹介・あらすじ

東日本大震災を境に、日本列島は「大地変動の時代」に入ってしまった! 複数のプレートがひしめく恐るべき地理的条件にあるこの国で生き延びるには、「地学」の知識が不可欠だ。しかし、高校での履修率は低く、多くの人の地学リテラシーは中学レベルで止まったままである。ご存じ「地学の伝道師」が、地学の「おもしろいところ」「ためになるところ」だけを一冊に詰め込んだ、すべての日本人に捧げるサバイバルのための地学入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素晴らしい。衝撃の絶対的必読書。日本に住んでいる方、読むことです。どんなホラーより怖い。

    この本の読後、まさかの展開。世間話をしていたら偶然にもその友人を通してサイン本を頂きました。繋がることがあるんだなあ。読んでいる?いいや、呼んでいるのだ。

  •  たまに無性に読みたくなるブルーバックス。

     地球は丸い。
     子どもでも知ってる当たり前のことに、人類がどうやって気が付いたのか。
     2200年前のギリシャ人が測った地球の円周の測り方は。
     
     超大陸パンゲアや、プレートテクトニクスも近代になるまでは解明できていなかった。
     地球は固体ではなく、流体だった。

     そして地学を知ることは、未来を知ることでもある。
     確実に来る西日本大震災に対して備えることはあるのか。

     地学入門編。

  • 頭にスッと入って来づらいところもあったが、地震の多発する日本に住む人間としては、呼んで損のない教養書である。

  • 【新着図書ピックアップ!】日本は、地球をカバーするプレートの境界線上に存在し、地震の多発国である。その意味で、活発に活動している地球を日々感じている国民なのかもしれない。そんな日々の感覚をより学問的に理解したい人にお勧めの本です。書名の付け方が、福澤諭吉の学問ノススメを模しているが、それだけ、意欲的な本であること著者は考えているのかもしれない。

  • 20190615 下京図書館
    山田ズーニー氏のエッセンスを実践している良い例が、この鎌田先生だと思う。かなり難しい内容だとは思うが、特に「西日本大震災・・東海、東南海・南海三連動」は2030年台には、ほぼ発生すると確信されていること、今の大学生の人生とは、必ず交錯する運命であること、だからこそ熱くなって伝えているのだ、ということは、すなおに腹落ちする。

  • 第1章 地球は丸かった―人類がそのことに気づくまで
    第2章 地球の歴史を編む―地層と化石という「古文書」
    第3章 過去は未来を語るか―斉一説と激変説
    第4章 そして革命は起こった―動いていた大陸
    第5章 マグマのサイエンス―地球は軟らかい
    第6章 もうひとつの革命―対流していたマントル
    第7章 大量絶滅のメカニズム―地球が生物に襲いかかるとき
    第8章 日本列島の地学―西日本大震災は必ず来る
    第9章 巨大噴火のリスク―脅威は地震だけではない

    著者:鎌田浩毅(1955-、東京、地球科学)

  • 濃淡を付けながらの解説しているが、他のテーマと関連するところは細かく説明しているため、理解が深まった。
    テクトニクス=変動学は、地学を変えた。
    それまでは固定した地球を考えていたが、プレートテクトニクス、プルームテクトニクスの導入により、動的に考えられるようになった。
    すなわち、時間軸を導入できるようになった。
    46億年の地球の歴史、38億年の生命の歴史の中で、さまざまなことが地球上に起きている。
    大量絶滅は5回もあった。
    それを生き延びた生物から我々は生まれた。

  • ※スマホ・読上版です!

    【電子ブックへのリンク先】

    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000057432

    ※学外からの学認経由での利用方法
    https://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/2017/07/gakunin_maruzen_ebook.pdf

  • 地学の知識はずいぶんと昔のままだった。アップトゥデイトしてもらった。日本の状況を考えると、後20年の内に南海トラフ大地震を含む西日本大震災が起こるし、朝鮮半島では白頭山の噴火も考えられる。それに富士山の噴火も?東日本大震災で、日本列島は新しい時代に入ってしまたんだな。

  • 地学を学ぶことで防災に関する知識が正しく理解できると感じた。長い時間軸で見ると、現代が極めて大災害の危険性が高いということが理解できた。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年東京都生まれ。1979年東京大学理学部地学科卒業。通産省地質調査所、米国内務省カスケード火山観測所を経て、1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学・地球科学。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。著書に、『理科系の読書術』『地球の歴史』(以上、中公新書)、『世界がわかる理系の名著』(文春新書)、『火山噴火』(岩波新書)、 『京大人気講義 生き抜くための地震学』(ちくま新書)、『地球とは何か』(サイエンス・アイ新書)など多数。

「2020年 『理学博士の本棚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために (ブルーバックス)のその他の作品

鎌田浩毅の作品

地学ノススメ 「日本列島のいま」を知るために (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする