時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体 (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.53
  • (9)
  • (30)
  • (26)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 347
レビュー : 29
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065020319

作品紹介・あらすじ

「実感はあるのに実体がない」。
不思議な「時間」の本質を捉える旅へ!


誰にでも同じように流れて、逆回しにできないもの
――普段思い描く時間の姿は、実はごく限られた一面。
最先端の物理学では、時間は、
〈空間・物質・力を含む巨大な構造の一部〉
と考えられはじめています。
ニュートン力学、カオス、特殊相対性理論、
一般相対性理論、電磁気学、場の量子論、超弦理論……
物理学の歴史を辿っていくと、
美しく壮大な、時間の真の姿が見えてくる!


なぜ「時間」が存在するのか?
時間はいつ生まれたのか?
時間は逆方向に進まないのか?
本当に時間は「流れて」いるのか?
――科学が示す驚きの“時間観”とは!?


■おもな内容
第1章 時を数えるということ
第2章 古典的時間観  ――ガリレオとニュートンが生み出したもの
第3章 時間の方向を決めるもの ――「時間の矢」の問題
第4章 光が導く新しい時間観の夜明け ―― 特殊相対性理論
第5章 揺れ動く時空と重力の正体 ―― 一般相対性理論
第6章 時空を満たす「場」の働き ―― マクスウェルの理論と量子としての光
第7章 ミクロ世界の力と物質 ―― 全ては量子場でできている
第8章 量子重力という名の大統一 ―― 時間とはなんだろう?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「時間の不可逆性」に関して一つ発見があった。というのは、時間は必ずしも、不可逆的ではないということ。ただ、「変化」は往々にして不可逆だということ。人間の体が、あるいはもっと言ってしまえば人類が、いつか滅びる運命にあるという諸行無常的なことはおいといて、時間は時として逆流することがあると気づき、広々とした心地になれた。

  • 時間に対する概念が変わる.
    時間の矢とは?エントロピーとの関係だけではない.
    途中,少し横道に逸れてしまったのが残念.

  • 興味があるのに、「なるほど...わからん」の宝庫。
    物理やったことなく、中学の理科も学年から数えてビリからの方が早いわたしには無理だった...
    小説しか読んだことない脳には理解できない日本語の使い方がたくさん出てくるので、それを追うだけで一苦労。数式が出てきて即死。
    電波磁場が何度読んでもちんぷんかんぷん。
    4ヶ月くらい経つけど、やっと最終章...

  • 時間をキーワードにして、我々の世界を最新物理学で
    わかりやすく説明しています。
    文系人間の私でも楽しめる一冊です

  • 時間が流れる水のようなものではなく、物体の運動・村土・重力に関係していることはなんとなくわかった。
    道元の時間論を理解したいと思っているが、どうも俺には一生理解できないかも知れない。

  • 全ての人に同じ時間が流れる。という認識こそが思い込み。
    時間方向という視点。時間と空間は本来同じものである。ということ。
    時間の経過を時間方向に移動すると表現する。静止していても、時間は経過している。従って、静止状態を時間方向だけに動いている状態と表現できる。光速が不変なので、1秒を30万㎞と換算できる。
    静止状態では、1秒経過すると時間方向に30万㎞移動する。つまり、時間方向と空間方向は同列に扱える。

    時空、世界線などはまだきちんと理解出来ていない。

    とても興味深く読むことが出来た。
    理解できない部分もあり、再読して理解したい。

  • タイトルと内容に沿っているのはおもに4章くらいまでで、それ以降は物理学の話にどっぷりと浸かっていく。

    それはそれで良いとは思う。
    物理学から「時間」という概念だけをスポッと取り出してしまえるわけではないので、全体像を見る必要があるのは理解できる。ただ、量子などの視点で見た「時間」というものの捉え方にはかなりの非日常性が出てくるので、そもそもそれを時間と呼べるのかどうか、という気もしなくはないが、本書を読むとおそらくそれも時間と呼ぶことになるのだろう。

    本書の最後で書かれている通り、ミクロな世界ではどのような時間が流れているのか、というのは気になる(というか時間は流れないんだけどな)。

  • ※スマホ・読上版です!

    【電子ブックへのリンク先】

    https://elib.maruzen.co.jp/elib/html/BookDetail/Id/3000057455

    ※学外からの学認経由での利用方法
    https://www.lib.hokudai.ac.jp/uploads/2017/07/gakunin_maruzen_ebook.pdf

  • 文系で物理を避けてきた私にはまだまだ実力が足りなかった。特殊相対性理論のところまでで限界。
    もう少し写真や絵があると良かった?文章だけではついていくのが難しかった。
    少し寄り道して、またこの本に帰ってきたい。

  • 2017.11.12 シミルボンより

全29件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1974年生まれ。1998年、京都大学理学部卒業。2003年、京都大学大学院で博士号(理学)を取得。その後、素粒子物理学者として日本、デンマーク、ポーランドの研究機関を渡り歩き、2009年、慶應義塾大学商学部勤務、2016年から同大学教授。研究テーマは、超弦理論と数値シミュレーションによる超対称ゲージ理論の解析。研究の傍ら、自然科学を専門にしない学生を対象に物理学の講義をおこなう。趣味は、武術(合気道他)、水泳、クラシックギターなど。著書に『宇宙を動かす力は何か』(新潮新書)がある。

「2017年 『時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体』 で使われていた紹介文から引用しています。」

時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体 (ブルーバックス)のその他の作品

松浦壮の作品

時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体 (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする