七つの大罪(27) (講談社コミックス)

著者 : 鈴木央
  • 講談社 (2017年7月14日発売)
3.83
  • (9)
  • (13)
  • (13)
  • (1)
  • (0)
  • 204人登録
  • 8レビュー
  • Amazon.co.jp ・マンガ (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065100394

作品紹介

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

太古の聖戦。その無慈悲なる戦の只中、それぞれに追い詰められるキングとディアンヌ。迫る試練の瞬間。二人が下す究極の決断は!? そして、再び結集した〈七つの大罪〉。休息も束の間、彼らに次なる闘いの兆しが訪れる……。すべての〈罪〉が揃ってなお、先の死闘に終わりはない。残る〈十戒〉を掃滅し、この地に光を取り戻すまで──!!

七つの大罪(27) (講談社コミックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色んなことが見えてくる27巻。
    次巻が待ち遠しいです!

  • 太古の聖戦。その無慈悲なる戦の只中、それぞれに追い詰められるキングとディアンヌ。迫る試練の瞬間。二人が下す究極の決断は!? そして、再び結集した〈七つの大罪〉。休息も束の間、彼らに次なる闘いの兆しが訪れる……。すべての〈罪〉が揃ってなお、先の死闘に終わりはない。残る〈十戒〉を掃滅し、この地に光を取り戻すまで──!!

    ついに過去から帰還したキングとディアンヌ。なるほど、自分たちとは違う行動をしてほしかったのね。というかこれ完全に二人は味方ということ? ロウは結局バンとは関係なかったのかな。今はオスローみたいだし。
    それにしてもディアンヌの記憶が完全に戻ったみたいで嬉しい誤算。キングがデレデレなのがもうね。片思いが長かったし、素直に喜ばしいけど。
    ついでにゴウセルの問題も解決。思ったよりあっさり終わったな。
    十戒もいよいよあと少しになったけど、何だかエリザベスの件が面倒な展開になりそう。結局女神族のからリズやらに至るまで、全部エリザベス本人なのだとしたら、確かにメリオダスにとってはきついような…。
    でもそれ以上に個人的にはエレインがまた消えちゃいそうなのが一番心配だよ。

  • 「ディアンヌーーーーーッ!!!!」「ほーい♡」の見開きが可愛いvキンディアはやはり可愛いよね^^^^そして当然ながらゴウセルも可愛いですよ。当然ですけどね!ドヤァ

  • GloxiniaとHarlequinの差は、相手に対し不殺の心を何処で境界線を引くかによると感じました。
    またDianneが逃げるという選択をするとは全く予想がつかず、驚きました。
    どちらも選ばないと選択した彼女が、今後巨人族とどの様に行動するのかが楽しみです。

  • "「心に深く刻まれた大切な記憶は たとえ忘れたり靄に隠れても
    絶対に消えないんだよ
    そう キミの生みの親が言ってた
    だからボクは三千年前の彼とキミとの約束を果たす
    ゴウセル
    一緒にキミが失くした心を取り戻そう!!!」"[p.69]

  • エリザベスの正体
    キングとディアンヌ良かった
    アーサーが希望?
    ゼルトリスの能力とは?
    マーリン、エスカノール、。

  • 巻末の話の一番最後のコマにゾワッとしたわ。悪い奴をとんでもなく悪く、かわいいヒトをとんでもなくかわいく描くの上手よねぇ、と改めて思ったのです。これ週間でやってはるのは恐ろしいなぁ。インフレしまくってるけど順調に物語の核心に迫りつつある27巻。

全8件中 1 - 8件を表示

七つの大罪(27) (講談社コミックス)のその他の作品

鈴木央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

七つの大罪(27) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする