ザ・ファブル(11) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
3.87
  • (18)
  • (33)
  • (21)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 436
感想 : 16
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065101544

作品紹介・あらすじ

表の顔は善良な興信所の社長…。裏の顔は過保護の若者を食い物にする怪悪党…。太平市に暗躍するウツボなる男が、冷酷キラー・鈴木や元ヤクザの井崎、車イスのヒナコを従えて、ファブルのバイト先の先輩・貝沼を罠にはめる! 一方、ファブルはヒナコと仲良くなったり、貝沼くんからミサキを守ったり! 何やら激ヤバ臭がプンプンしてきましたぜ、無敵の殺し屋休業お兄さん!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 第111話のヨウコvs鈴木の場面をネット漫画の無料お試しで読んだのがシリーズ購入の切っ掛けだ。そして本当にヨウコは強かった。が、鈴木を殺さずに帰したことで、宇津帆に佐藤への復讐心に火を点ける流れにもっていった。ヒナにも誤った復讐心を植え付けようとする宇津帆。うまい切れ場だね~

  • ヨウコちゃん、あんまり戦わないけどやっぱり強いんだね。

  • 人のせいにする貝沼が終わってる。
    みさきちゃん悪くないのに刺そうとする神経終わってる
    佐藤くんが止めに入らなかったら刺されていたね…


    え!?
    ようこちゃんこんなに強かったの!?
    かっこいい6秒で相手をノックアウト!

    ひなちゃんが立てたことが何よりも感動でした!

  • 貝沼ーーーー。
    最低なやつ。

    ヨウコと鈴木のダイニングでの戦い、いいよねー。

    鈴木、嫌いじゃない。

  • 忘れていたが、ヨウコもプロだった。

  • マーフィーの法則 命の童貞を捨てた気分さ 消えたプライドと最後の一華の為に俺は命を賭けられる 丁度切捨て時だ 釧路港からロシアに渡るルート

  • 面白い

  • ヒナちゃん

  • 【あらすじ】
    表の顔は善良な興信所の社長…。裏の顔は過保護の若者を食い物にする怪悪党…。太平市に暗躍するウツボなる男が、冷酷キラー・鈴木や元ヤクザの井崎、車イスのヒナコを従えて、ファブルのバイト先の先輩・貝沼を罠にはめる! 一方、ファブルはヒナコと仲良くなったり、貝沼くんからミサキを守ったり! 何やら激ヤバ臭がプンプンしてきましたぜ、無敵の殺し屋休業お兄さん!!

  • 貝沼からミサキを護ったアキラ。その後、逃亡した貝沼を攫った鈴木。いよいよアキラとウツボたちとの全面衝突が始まる。今回はとにかくヨウコがカッコよすぎる!今まではドランククイーンとしての活躍ばかりだった彼女。本業で本気を出したらどれほど強いのか、見せつけられた6秒だった。「ハンデをあげてるのよ」の流れも好き。

    アキラが帰って来てからも、鈴木をまったく警戒していないところが格の違いを感じた。武器を返された上に鍋まで勧められたら、そりゃプライドもズタズタだよね。二回目に部屋に上がる時はちゃんと靴を脱いでた鈴木が可愛かった。
    貝沼のことを「残念」と言ったアキラ。今までは命のやり取りが当たり前の世界で暮らしてきたわけで、今の生活でだいぶ変化してきたのかなと感じられた一言だった。

    ウツボと鈴木は打倒ファブルのために策を練り始める。まさか探してた本人が事務所に何食わぬ顔で来てたとは、気配すら感じられなかったってもはや恐怖だよね。備える男・ウツボははたしてどんな策でファブルに挑むのだろうか。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

昭和46年5月30日大阪泉州生まれ。多くの職を経たのち漫画家に。第41回ちばてつや賞準大賞を受賞。2000年『ナニワトモアレ』連載開始。

「2019年 『ナニワトモアレ 男と女のハメ伝説編 アンコール刊行!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

南勝久の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×