金田一少年の事件簿R(13) (講談社コミックス)

  • 講談社
3.71
  • (5)
  • (7)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 172
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065101872

作品紹介・あらすじ

高校2年生の金田一一(はじめ)は、いつもは気の抜けたひょうきん者だが、実は、かの名探偵・金田一耕助の孫! ひとたび事件に関われば、明晰な推理力で犯人が仕掛けた難解なトリックに、幼なじみの七瀬美雪と共に挑んでいく!! タイトル新たに、パワーアップ!! 一(はじめ)の名推理がますます冴え渡る!!

[聖恋島殺人事件]剣持警部の趣味の釣りに付き合いで参加した、絶海の孤島、聖恋島での釣り大会は参加者が続々と殺される連続殺人と化した。島に響く啼き声の秘密と、巧妙な殺人トリックを仕組んだ、真犯人・セイレーンの正体とは!? [金田一二三誘拐殺人事件]従妹の二三(ふみ)のたっての願いで「新撰組祭」にやってきたハジメと美雪。ところが、沖田総司を名乗る人物に二三が拉致されてしまう───!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • [聖恋島殺人事件]
    解決編
    セイレーンの声は潮の動きを表すものだった。
    癌治験薬の人体実験で娘を殺され、復讐を誓った父親の心を思うと。
    罪を見逃して欲しいとすら思った。


    [金田一二三誘拐殺人事件]
    途中まで。

  • 【あらすじ】
    [聖恋島殺人事件]剣持警部の趣味の釣りに付き合いで参加した、絶海の孤島、聖恋島での釣り大会は参加者が続々と殺される連続殺人と化した。島に響く啼き声の秘密と、巧妙な殺人トリックを仕組んだ、真犯人・セイレーンの正体とは!? [金田一二三誘拐殺人事件]従妹の二三(ふみ)のたっての願いで「新撰組祭」にやってきたハジメと美雪。ところが、沖田総司を名乗る人物に二三が拉致されてしまう───!!

    【感想】

  • 面白かった。続きが気になる。

  • 影尾氏と寒野女史と潮氏は、患者を人体実験の様に扱っていた節があるので
    遺族から恨まれて殺されても致し方ありませんが、潮の殺害方法には背筋が少し凍りました…。
    この事件で最も印象に残ったのは、島民の霧声が言った戦争の悲劇です。回天を残す事により事実を風化させない想いが感じられました…。

    そして次の事件では、二三が沖田総司に扮した者に誘拐されました。
    誰が犯人なのか、今後の事件解明が気になります。

  • 聖恋島殺人事件解決。
    鬼島は謎のあの時の事故という発言をするし、金田一はそれに対してまさか、と思っていたのは何だったのだろう?
    今回の犯人の殺害動機もとても重く哀しいものだった。
    そして始まった、金田一二三誘拐殺人事件。
    新選組の格好をしたまま、駅を駆け回るという事件の結末も楽しみ。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1991年、『カーリ!』で第46回週刊少年マガジン新人漫画賞入選。1992年より週刊少年マガジンにて、『金田一少年の事件簿』を連載、大ヒットとなる。ミステリー漫画ブームを巻き起こした本作品は、第19回講談社漫画賞を受賞。その他の作品に『探偵学園Q』『金田一37歳の事件簿』などがある。

「2022年 『小説 金田一少年の事件簿 学園七不思議殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さとうふみやの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×