彼女、お借りします(1) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社 (2017年10月17日発売)
3.49
  • (13)
  • (36)
  • (23)
  • (11)
  • (4)
本棚登録 : 822
感想 : 22
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065102213

作品紹介・あらすじ

たった一度の“レンタル”で、輝き出す“リアル”がある。
都内在住のダメダメ大学生、木ノ下和也(20)。ある日、“ワケアリ”の超絶美少女、水原千鶴との出会いをキッカケに、彼の人生は大きく変わり始めて──!?


都内在住のダメダメ大学生、木ノ下和也(20)。ある日、“ワケアリ”の超絶美少女、水原千鶴との出会いをキッカケに、彼の人生は大きく変わり始めて──!? “リアル”輝く“レンタル”ラブライフ、開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 女の子はかわいい。
    主人公に魅力を感じない。
    途中からイライラする。

  • 主人公が近年稀に見るめんどくさい男だった。元カノも感じ悪いしおばあちゃんもめんどくさいし水原さん以外あんまり好感持てるキャラクターがいない所がわりときつい。あとこの作者AKB49の方なんですね。

  • あまりこの主人公には好印象を持つことが出来ないなぁ。相手を傷つけるような発言を普通にするし、家族に真実を告げるという言葉も全く信じられない
    けれど、レンタル彼女との恋愛という一風変わったコンセプトの本作では純情主人公よりもこういったクズ風味な主人公の方が話にメリハリが出るだろうし仕方ないか

    誰もが振り返る理想の女の子に見えた千鶴も大学では地味な見た目で本当の性格も普通に荒っぽい部分もあったりする。その点は予想していた通りだったけれど、互いの祖母が同じ病院に入院しているとか同じ大学に通い家も隣だったとかラブコメとしては最早使い古されたような描写が幾つも有ったのは驚き
    中心となる要素がレンタル彼女なんて特殊なものだから、周囲を固める要素は王道に設定したのだろうか?

    主人公木ノ下のクズさに比べてヒロイン千鶴の天使っぷりが目に付く。演じている時は当たり前として本性を現している時も変わらず天使のように木下に救いの手を差し伸べている。だからこそ金を介しただけの関係のはずがズブズブとしたものに変わりつつ有るのだけど。

    それにしても元カノの麻美は何を考えているのだろう?未練が有るというわけではなさそうだけど、かと言って木ノ下に何も思っていないというわけでもないような?それとも思わせぶりな態度を得意とする悪女タイプ?

  • ザ・ラブコメすぎて途中で辞めました

  • 『彼女、お借りします』
    テレビ朝日/毎週土曜深夜放送
    2022年7月2日から

  • 更科瑠夏を救わない限り許さない。

  • 快活クラブ、ブックオフで読む

  • ここまで、主人公に魅力を感じないことはなかなかない。同情もできないし。

    ハーレムは確定かな。

  • レンタル彼女

  • 20

全22件中 1 - 10件を表示

宮島礼吏の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×