もののけ◇しぇありんぐ(4) (KCデラックス)

  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (144ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065102657

作品紹介・あらすじ

般若の智慧姫もシェアハウスに加わり、思い出は増えるばかり♪ 楽しい日々の中でヤタは、人間と妖怪の間で自分に出来る事を探し始める。壮大なスケールに発展しちゃう大団円の第4巻!!年齢も性格も種族も違うけど、一つ屋根の下で、私たち仲良くやってます♪

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 殿堂入りです、ハイ
    自分で言うのも何ですけど、私の「殿堂入り」を入れる倉庫の門扉ってのは、結構、厚く、重く、硬く、大きいです・・・・・・イメージ的には、ゾルディック家のアレで大丈夫です
    けど、藤田和日郎先生や羽海野チカ先生は、そんな頑丈なドアを一発でぶっ壊すんですよね
    パンチ力の重さで言えば、クール教信者先生も同じクラスだ、と断言できます
    妖怪漫画に限って言えば、藤田和日郎先生や、みなぎ得一先生の方が地力は上でしょうけど、上品なエロさが高めるストーリーの深さが生み出す魅力では、かなり引き離しています
    分かりにくい表現だってのは百も承知ですが、あえて言うなら、藤田先生の『うしおととら』は崩拳、『足洗邸の住人たち。』は中段回し蹴り、そんで、『もののけ♢しぇありんぐ』は通背拳って感じです
    この、上手く、自分の中で渦巻く感動を語れないもどかしさが、殿堂入り作品たる理由なんですよねぇ
    他の人からしたら大したことじゃないかもしれませんが、この感想は、読んですぐに書いているものです
    普段は、その本を読んで受けた衝撃がある程度まで落ち着いてから書くようにしています
    ただ、この『もののけ♢しぇありんぐ』(4)は、我慢が出来ませんでした
    すぐに書かなければ、体調が悪化する、そんな確信すらあります
    まぁ、内容の良さも、まともに語れてないので、レビューとしては三流品ですが、衝動的に書かせるくらいの圧があるってコトが、他の読み手に少しでも伝わってくれりゃ、ファンとしちゃ十分なんです
    人間と妖怪は、“努力”さえすれば理解と共生ができる、そういう事だな、と思える作品です
    キャラやストーリーだけでなく、おっぱいの描き方にも、クール教信者先生の譲れないものが見えるって点も、ファンとしちゃ滾ります
    ハッキリ言って、エロいです。エロいけど、美しいです。おっぱいが好き、そこが何の偽装もなく伝わってくると言うか、ぶつかってきます
    おっぱいだけが、女性のシンボルと言う気はありませんが、クール教信者先生のおっぱいは、男目線からすると、理想的です。亀仙人じゃありませんけど、パフパフされたくなるおっぱいです
    ストーリーも、ストライクゾーンど真ん中って表現じゃ、ピンと来ないんですよね。何せ、針の穴を通すってくらいでも、まだ微妙か、と思うくらいです。それこそ、ゴルゴ13かシティーハンターの狙撃技術くらい、ですよ
    コミカルだけど、ふざけすぎない。マジメだけど、重すぎない。この絶妙なバランス能力は、漫画家としてだけでなく、人間力も日頃から高める努力をしてなきゃ出ませんね
    どれも、脳とハートから、やばい何かがドバドバと出てきちゃうんですけど、私がクール教信者先生へのリスペクトが二段階は最低でも上げねば、と感じたのは、第33日目「神様の話」です
    この一話の良さを語るとなったら、それこそ、400時詰め原稿用紙5枚くらいは行けるんじゃないか、と思えるくらいなので、自重します
    ただ、一言だけ聞いていただけるなら、言いたいです。人間も、妖怪も、神様も、己の身の丈に合った悩み事を持っていて、それは個で抱えていても解決はできず、誰かに頼り、助言を貰い、道を光で照らしてもらうのは恥ずかしい事じゃありません
    この台詞を引用に選んだのは、これこそが、この『もののけ♢しぇありんぐ』そのものだ、と感じたので。この一言がなかったら、『もののけ♢しぇありんんぐ』は『もののけ♢しぇありんぐ』じゃない、と言えるくらいです

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

多数の作家を輩出している漫画投稿サイト「新都社」にて、『ピーチボーイリバーサイド』を始め数多くの作品を発表。2012年に『小森さんは断れない!』で商業誌デビュー。その他に『旦那が何を言っているかわからない件』『小林さんちのメイドラゴン』『おじょじょじょ』『チチチチ』など多くの著作がある。

「2023年 『ピーチボーイリバーサイド(13)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

クール教信者の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×