BOX~箱の中に何かいる~(3)<完> (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (6)
  • (8)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 103
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065102756

作品紹介・あらすじ

8人いた「プレイヤー」は、第一ステージで半分に減った。そして、次のステージへの扉の先にあったのは、光二たちの感覚までもねじ曲げる魔の次元…! はたして何人が、ゴールまでたどりつけるのか? ゴールで待ち受ける「あれ」とはなんなのか? 失われた身体の一部は元に戻るのか? 命がけの脱出ゲームは、誰も見たことのない最終局j面へ突き進んでいく! 先読み不能の状況限定型サバイバルホラー、衝撃の最終巻。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 買いそびれたので、ちょっと本屋を探した。

    (2)を読み終えたときは、え、まだ続くのと思ったが。

    前半はエッシャーのだまし絵のような錯視空間で物語りが展開していく。
    そして、最後のクライマックスで魔物少女とキョウコのスリリングなやり取り。そして、読後の大きな喪失感。
    全般に渡り、一遍ごとにクイズがあったりで、チョット脱力する部分と本編のギャップがモロ☆先生らしい。

    読み始める前は、こんな凄い作品と思わなかった。

    モロ☆先生の作品を初めて読んだのは、僕が中学の頃だから40年以上前。そう考えたら、もう大作は望めないかなと思っていた。だけど、本作のこのエネルギーに圧倒されて、妖猿伝や海神記の完成を期待したくなった。

  • 最高に面白いマンガ。しみじみレジェンドだと実感。サービス精神も満点で、全3巻というボリュームも丁度いい。大オチの安定感が異常。普通こんな(全体の作劇のバランスを鑑みて全く過不足がないという意味で)腑に落ちる結末描けないよ。キャラクターの扱い方も尋常じゃないほど巧み。

  • 全3巻読了。
    なにか大切なものを失ったような気がするけれど、それは最初から存在しないものになってしまう、というとても好きな終わり方だった。
    キョウコさんが失ったものは好奇心なのか人格なのか…。
    錯視の部屋での展開も面白かった。

  • 諸星大二郎氏の不思議世界はやはり面白い。

  • 不思議系作品、完結。最後は錯覚と何かと……昭和的なストーリー展開ではあったけど、それなりに楽しめました。鏡だらけの部屋みたいなお話だったなあ。

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

漫画家。『西遊妖猿伝』『妖怪ハンター』『栞と紙魚子』『マッドメン』『諸怪志異』『暗黒神話』『孔子暗黒伝』など、数多の作品で唯一無二の世界観を確立。2014年、第64回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞。

「2018年 『諸星大二郎 <大増補新版>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

BOX~箱の中に何かいる~(3)<完> (モーニング KC)のその他の作品

諸星大二郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
諸星 大二郎
有効な右矢印 無効な右矢印

BOX~箱の中に何かいる~(3)<完> (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする