GIANT KILLING(45) (モーニング KC)

  • 講談社
4.31
  • (34)
  • (24)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 291
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・マンガ (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065102787

作品紹介・あらすじ

熱狂に包まれる東京ダービー終盤戦!2点ビハインドから猛追の末、同点に追いついたETU!対する東京Vは王者として、自負と信念を懸けて戦う。熾烈な攻防ののちに、代表を渇望する持田がゲームを動かした!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 持田のメンタルに感服。涙が止まらんかった…
    ちょっとやそっとでへこたれてる場合じゃないや。。

    そして見たことない村越が現れた笑

  • 46巻発したので読み直し、
    ここまで巻数が増えて来ると、それぞれのキャラクタに思入れも強くなって来て、色々なところに目がいってしまうが、今巻は表紙絵でも一番大きく描かれている持田の巻だろう。これまでETU目線で、気味の悪い強敵として描かれることの多かった持田の内面が描かれ、彼に対する印象ががらっと変わる。そして、本当にそうかどうかは知らんけど、スポーツマンって素晴らしいよねと思えるそんな巻。

  • 東京ダービー決着の45巻。
    ETUが前回勝利したのは、達海が現役だった10年前。その試合は、奇しくも達海と成田という両チームのエース対決が、代表での世代交代を意識させるような試合となりました。
    そこから時を経て、復活のエース持田と急成長するルーキー椿の対決の色を帯びた今回のダービー。二人の存在感は、代表でもいえることであって。見る方にとっては、サポーターにとっては、かつてのダービーを懐古してしまうのも無理はないかなと思います。
    ただでさえそう想うのに、期待のルーキーが逆転勝利の立役者となった今日の展開からすると、余計にね。
    タイトルのGIANT KILLINGにふさわしいチームの伝統となるんじゃないのかな?達海と椿のダービーは。
    サポーター冥利に尽きるダービー。こんな試合収録の45巻。☆5つじゃあ足りないよ。

    持田の輝きは、ケガという悲しみの色を帯びるからより一層魅力を増し。その色合いを払拭したいがために、自分を限界まで燃やしてゆく。それがもっともっと輝きを増していくのだけど、やはり諸刃の剣であって悲しみの色は濃くなってゆく。
    ロシツキーとか、こういうタイプだったかなぁ。
    小野とのUEFAカップでの対決があって、アーセナルでどこまでいくのか?と思ったけど、ケガがなぁ。

  • 持田さん…。

  • 持田が...
    泣きそうになった!

    小学生サポーターが代表選手の予想してるのが、めっちゃ楽しそうで。
    いいよね、ああいうの。

  • 持田が…

  • 持田の負傷離脱。
    ETUの10年ぶりの東京ダービー勝利。
    吠えて、ハグ魔人になる村越さん。
    ダンディ平泉さんと達海さんの試合後の一コマ。

    ブランは、アジアカップUAE大会に誰を日本代表として選ぶのか、以下次巻。

  • 点を獲り合う熱い試合展開に水を差す、持田の負傷退場。
    どんなに失望しても諦めない、諦めきれない持田の鋼のメンタルが逆に痛々しい。
    ダービーを制したETU。初タイトルに近づきましたね。

    現実では先に地元のチームが初優勝したけど、本当に嬉しかった。シルバーコレクターなんて言われて、ずっと残念だったからね…。

  • 向こうのエース、こんな形でグラウンドを去ることになるとは… スポーツ選手にとっての故障って、実に由々しき問題だと思うけど、そのあたりの感情の機微が、良い感じに物語中で活かされてます。

  • 熱狂に包まれる東京ダービー終盤戦!2点ビハインドから猛追の末、同点に追いついたETU!対する東京Vは王者として、自負と信念を懸けて戦う。熾烈な攻防ののちに、代表を渇望する持田がゲームを動かした!(Amazon紹介より)

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年北海道生まれ東京育ち。『GHOST』でモーニング誌デビュー。プロ野球を題材にした読み切り漫画『スリーストライクス』で好評を博す。2007年から『GIANT KILLING』連載開始。

「2012年 『GIANT KILLING(24)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツジトモの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

GIANT KILLING(45) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×