高嶺の蘭さん(1) (講談社コミックス別冊フレンド)

著者 :
  • 講談社
3.71
  • (5)
  • (29)
  • (16)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 301
感想 : 16
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065103920

作品紹介・あらすじ

勉強もスポーツもできてその上クールビューティーな蘭(らん)は、周りから”高嶺の花”と呼ばれ、一目置かれている。だけど同じクラスの晃(あきら)だけは、普通に明るく接してくれて…!? 高嶺女子×お花屋男子のピュアラブストーリー、第1話!

勉強もスポーツもできてその上クールビューティーな蘭(らん)は、周りから”高嶺の花”と呼ばれ、一目置かれている。だけど同じクラスの晃(あきら)だけは、普通に明るく接してくれて…!? 高嶺女子×お花屋男子のピュアラブストーリー、第1巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何にも考えずほっこり、楽しく読める。こういう、安心してなおかつ退屈でないものって難しいと思うのです。しかも、お花のことも知れる。
    しいて言えばヒロイン蘭さんの魅力をもう少し出して欲しいなあ。

  • 全10巻。
    とてもピュアお話で、ほっこり。

  • 面白かったので単行本を購入。

    爽やか…!
    ステキな高校生活!
    もう付き合うしかないじゃない。

    蘭のハイスペックさがあまり話に絡んでないのが気になるけど、今後どうにかなるのかな?

  • とにかくピュアな話

  • ピュアでとにかく爽やかな恋愛物語。蘭さんも花屋男子の佐伯くんも可愛い。

  • 1巻読み出してから止まらず、最終巻まで一気読み。
    こんな高校生生活を送ってみたかったと思えるピュアなラブストーリー。

  •  読了。
     蘭が可愛い。ハイスペックだけど嫌味がなくて可愛い

    そして晃も可愛い。言われたくないんだろうけど可愛い
    (201113)

  • 文武両道で容姿端麗なハイスペック少女、蘭。その完璧さゆえに、今まで男の子から「高嶺の花」として、敬遠されてきた。そんな変わらない日々を送っている中、ある日、自分の失敗で、とある男の子と関わりを持つことになり…。
    「高嶺の花」な主人公という設定は、「日々蝶々」などでもありましたが、この作品は何と言っても爽やか!主人公も真面目で素直。好感が持てるタイプであり、ほかの登場人物もイヤミを言う人がいなく、安心して読むことができます。(モブでさえもイヤミを言わない治安の良さ)
    今のところ、場をかき乱す脇役がいないため、物語の緩急は緩やかではありますが、ほっこりとしたピュアな恋愛関係を楽しめる作品です。
    そう言った意味では、刺激的なものを求める人よりも、爽やかな青春時代に憧れる人向けかもしれません。

  • 文武両道の美少女と実家が花屋のイケメン。高校で同じクラスの2人は少しずつ仲良くなる。主人公の蘭は周りから近寄りがたいと思われているが、本人はおっとりした天然系女子。花屋のイケメンは社交性が高く爽やかでやさしい。今のところ友情メインだが、ラブコメになりそうな予感。

  • 頭良し運動神経良し性格良し故に男子が近づいてこない高嶺の花な女子と爽やかさ100%な花屋男子の恋愛モノ。
    妙な捻れとかライバルとか登場しない(空気を読んでない男の同級生はいる)ので花を通じて2人がどうなっていくか温かい気持ちで読めます。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

滋賀県出身、かに座。 第478回BFまんがセミナーブロンズ賞受賞後、デビュー。
癒やし度満点な優しいストーリーにファン急増中。
見習い大工さんとの同居ラブ『カンナとでっち』<全7巻>、
高嶺女子×お花屋男子のピュアラブストーリー『高嶺の蘭さん』<全10巻>が大好評発売中。

「2023年 『隣のステラ(4)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

餡蜜の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×