まいりました、先輩(3) (KC デザート)

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (12)
  • (12)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 377
感想 : 13
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065104088

作品紹介・あらすじ

ある日、世里奈の机に書いてあったラブソングの歌詞のラクガキ。それを書いたのは1コ上の水川先輩。先輩の不器用な優しさに触れ、どんどん好きになっていく世里奈はアタックするうち思わず告白&付き合うことに。只今2人は恋人としてステップアップ中! 冬休み、世里奈は先輩たちとのグループ旅行である女子に遭遇。先輩と何だかワケありのようで…? 第3巻は波乱の予感!? 毎秒ドキドキ!!先輩彼氏との憧れスクールラブ!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 一つ上の先輩を好きになった後輩が付き合い始めてから、お互い距離を縮めていくストーリー。

    両想いがゴールではなくてスタートというコンセプトであることが目新しい。
    二人の先輩・後輩感がすごくて、先輩っぽくてかっこよかったり、後輩っぽくてかわいかったり、設定がとても生きてる。
    あと、構図やシチュエーションが新鮮。委員会で知らない人が席に座るとか、言われてみればあったなあというような懐かしさもあれば、今の高校生はこんな感じなのかと思う場面もあったり。モノローグもうまい。

  • ここら辺が一番キュンキュンした、、
    どこでもいつでもイチャつきすぎ

  • ダメって断れるせりな素敵だし、俺の方が覚悟が足りなかったと悟る先輩も素敵。
    何かあったら話し合う先輩、ほんと素晴らしすぎる。
    このカップル大好き。ほっこり。あったけぇ。

  • プールの中でキュン死しちゃいました

  • ある日、世里奈の机に書いてあったラブソングの歌詞のラクガキ。それを書いたのは1コ上の水川先輩。先輩の不器用な優しさに触れ、どんどん好きになっていく世里奈はアタックするうち思わず告白&付き合うことに。只今2人は恋人としてステップアップ中! 冬休み、世里奈は先輩たちとのグループ旅行である女子に遭遇。先輩と何だかワケありのようで…? 第3巻は波乱の予感!? 毎秒ドキドキ!!先輩彼氏との憧れスクールラブ!

  • いや、先輩、かっこよすぎ。ヒロインのこと好きすぎ。
    甘々な展開多いし、大事にしてくれすぎだし、もうこんな彼氏欲しい。
    元カノめんどくさいなあ。先輩は早く切ってほしいよね。
    せっかくのプールデートだったのになあ。
    バレンタインデートも気合入れすぎなヒロインに対する先輩の対応かっこよすぎ。

  • 9話
    先輩たちの友達旅行に混ぜてもらうの巻。
    「人並みの付き合い方しかしてやれてないけど」っていやいやいやいやいやいやいやいやこんなきゅんとさせて大事にしてくれる男子いないよ?これ思春期に読んでたら私絶対世の中こんな男子ばっかりだと思って勘違いしてたよ。
    先輩の「しよ」って言うまでの間、いいなぁ。

    10話
    しかし元カノわかりやすく嫌なヤツやのう。
    だいたいこんなに気持ちくんでくれる人いないからな!私が知らないだけ??世の中には生息してるの?
    あーんするかわりにちゅうしちゃうやついいなぁ。

    11話
    雪の日の巻。ひぐっちゃん越野にときめいてるねー。

    12話
    このせりなかわいくなくない?先輩あんなに正直にいろいろ言ってくれてんだからあんたも素直になってよ。
    そんでやっぱり先輩は正直に気持ち言ってくれるし好きな子の笑顔が見たいだけって神か。
    せりなの手作りのチョコの方の絵ってかっこいい犬かな?

  • ずーっとラブラブですごい。お互いのことを尊重していて素敵な関係。

  • 先輩の元カノへの対応や、周りへフォローの仕方が素敵すぎる。
    バレンタイン回は私にはとても甘すぎた。
    世里奈とタメの水川くんは弟なのかな?続きもたのしみ。

  • "「先輩…喜びのリアクションぎこちない…」
    「あ?何だよ ホント美味いよ」"

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

「片想いの逆襲」「地球生まれのあなたへ」(原作:冲方丁「もらい泣き」〈集英社〉)「青春ラバーズフェスティバル」などが代表作。月刊『デザート』でも根強い人気の馬瀬あずさ、最大のヒット作「まいりました、先輩」1~7巻は発売後即重版で電子版も絶好調!! 累計部数210万部突破(紙+電子)でSNSでも話題沸騰中です!

「2020年 『まいりました、先輩(10)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

馬瀬あずさの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×