はじめアルゴリズム(1) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.70
  • (12)
  • (24)
  • (23)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 383
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065105214

作品紹介・あらすじ

関口ハジメ(小5)はみんなが見えない世界を数学で解き明かしたい。そんな彼は老数学者・内田豊と出会った。天才的な才能があるハジメは内田に導かれ、才能を広げていく・・・。数学がちょっとやりたくなり、世界の見え方が変わってくる漫画、スタート。

老数学者・内田豊は出身地である米作島での講演後、ふらりと立ち寄った母校で数字と楽しく遊ぶ関口ハジメ(小5)に出会った。彼は独自の式や考えで、世界を解こうとしていた。雲の動き、木の枝の分かれ方、トンボの翅脈、自動車ナンバー、学級委員決め・・・。ハジメは見えない世界を数学で解き明かしたい。読めば、数学が少し好きになる。天才が少し好きになる。世界の見え方が変わってくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 老いた数学者・内田豊と、故郷・米作島の少年・関口ハジメ(少年)との出会い。
    独自の数式や考え方により、彼は世界を捉えようとしていた...

    彼の才能に惚れ込んだ内田は、ハジメ少年を鍛えるため、自ら京都に連れて帰る。

    『もっともっと数学を知りたい!』
    2人の出会いは、数学界に何を呼び起こすのか?
    そして、出会うもう1人の天才少年とは?

    『まだ誰も見たことのない世界を、僕は見たい』

  • 我々の仕事は
    宇宙の法 その「語り」に耳を傾けることにあります

    その声は非常に小さいので
    静かに耳を澄まさなければならない
    自分自身が 法そのものとなるほど静かに

    そこから聴こえた声を
    「数」という体系で表現する

    その表現を人々はー

    数学と呼ぶ

    世界はなぜか美しくつくられてある

    その「声」が教えてくれるのは
    まだ誰も見たことのない世界の姿

    つまり数学は 「世界への多様な観点」を教えてくれるのです


    --
    冒頭の文より。
    数学は情緒である、岡潔をきっかけに描かれた作品。
    島で育った少年。数式で埋め尽くされた廃校の壁。「世界」の端々に感じられる煌き、ゆらぎ、規則性、数式を言葉にして切り取り感じていく。

    ごく普通の日常に埋もれた異質な天才の種が、その道のメンターを得て世界とつながっていく。その構造は、他漫画でいうと『ピアノの森』に似ているのかな。はじめがどう世界とつながっていくのか、(ピアノの森の阿字野先生とは違い)内田はおよそ人格者に感じられないが、二人の関係性や成長物語がハッピーエンドへ(ちゃんと)向かえるのか?全10巻。読んでみたい。

  • 一風変わった、数学が主題のコミック。

    老数学者である内田豊は、講演に招かれて久しぶりに故郷の島を訪れる。だが講演とは名ばかりで福引やゆるキャラのイベントとの抱き合わせ。真面目に聞くものなど誰もいない。内田は激怒して会場を後にする。
    実は内田には、数学を志しながらもテレビ出演で「天才数学者」ともてはやされたばかりに、肝心の数学への情熱を見失ってしまった過去があった。
    さ迷い歩くうちに、かつて自分が中学生だったころ、壁に数式を書きなぐった学校にたどり着く。すでに廃校となり、校舎は荒れていた。壁に残る数式を眺めていた内田は、式が完成されていることに気づく。彼が書いた後、続きを書いた者がいるのだ。独創的でもあるが、メチャメチャな部分もある。しかしそれらには不思議に魅力があった。
    校庭を見やると、1人の少年が数式を書き続けていた。
    関口ハジメ。小学5年生。
    あまりにも自由であまりにも突飛な展開に、思わず内田は問う。「君は数学で何をしたいのだ」
    ハジメは澄んだ目で言う。「世界を全部知りたい」と。
    こうして老数学者と天才少年は運命的に出会う。

    1巻はほんの発端部分である。既刊は10巻まで。
    老人と少年の物語は数々あるだろうし、メンター的な存在に導かれていくビルドゥングスロマンというのも数々あるだろうが、さて果たして数学って人に教えられて「成長」していくものかというあたりは少々疑問ではある。
    とはいえ、挫折した老人が若き荒削りの天才を見出し、それを磨き上げていこうとする物語はなかなか魅力的なものであるかもしれない。
    内田はハジメを自らが暮らす京都へ連れて行こうとする。突然の申し出に戸惑いつつも、ハジメの幸せを思い、葛藤するハジメの母の姿が魅力的。

    本作の作者は特に数学に詳しいというわけではないようだが、監修に数学者(三澤大太郎:京都大学理学系研究科、数学・数理解析専攻修了)がついており、作中の数式等は監修者によるものという。
    ただ、本作で描こうとしているのは、数学そのものというよりも、数学を通して世界を見たときに、ふわりと、あるいはがらりと、世界の見え方が変わる、不思議な高揚感のように思われる。
    数式がわからなくても、論理が追えなくても、偉大な数学者たちが見てきた・見ている世界をちょっとだけ体験できる、そんなところを狙っている・・・のかな。

    巻末に、作中に出てくる数学トピックに関する監修者の解説付き。1巻はガロアの群論とフェルマーの小定理。途中までは追えたのだけど、最後の結論でキツネにつままれた(^^;)。でも何となく雰囲気の片鱗は分かったような気がするw

  • 過去の数学者たちがでてきたシーン、感動して涙でた、、
    数学好きな人たちが数式をみて「美しい」って言う気持ちがちょっとだけわかったかも
    でも、巻末の数学の話は全くわかんなかった、、笑

  • 勉強、テスト、受験としてしか数学を見て来なかったので、こんな世界を見せてくれる作品にはときめきしかありません。これから先が楽しみです。

  • 数学好きの少年と、数学に夢破れた老数学者の話です。この作品の世界観は「基礎」とか「原理」という概念を愛してやまない人なら共感できる世界観です。

  • 数学が苦手な人でも、学びたくなっちゃう一冊。
    夢に向かって進む少年の成長物語でもあり、親世代にとっては子供の背中を押し、離れて見守る子離れの話でもある。
    ひなちゃんの「楽しいことが正解」って言葉に、グッときた。

  • 購入して読み。

    はじめ、小5なんだな。

    楽しいのが正解

    これにつきる。

    お母さんの「ハジメはどうしたいの?」「私はそれを知りたいのよ」というのを見習いたい…。

  • 数学楽しかったなー って思い出した

  • 【あらすじ】
    老数学者・内田豊は出身地である米作島での講演後、ふらりと立ち寄った母校で数字と楽しく遊ぶ関口ハジメ(小5)に出会った。彼は独自の式や考えで、世界を解こうとしていた。雲の動き、木の枝の分かれ方、トンボの翅脈、自動車ナンバー、学級委員決め・・・。ハジメは見えない世界を数学で解き明かしたい。読めば、数学が少し好きになる。天才が少し好きになる。世界の見え方が変わってくる。

    【感想】

全22件中 1 - 10件を表示

三原和人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

はじめアルゴリズム(1) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×