新装版 シドニアの騎士(3) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065105634

作品紹介・あらすじ

太陽系が異生物・奇居子に破壊されて千年。人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する巨大な播種船・シドニアの最下層で育った少年・谷風長道は、衛人と呼ばれる大型兵器の訓練生となる。旧型だが歴史的な名機・継衛への搭乗を許された長道は、奇居子との絶望的な戦いの中で、仲間たちとの絆を深め、愛を知り、英雄への道を進む! ロボットSFの金字塔、雑誌と同サイズの新装版で待望の刊行開始!!

太陽系が異生物・奇居子に破壊されて千年。人類の繁殖と生産を維持しながら宇宙を旅する巨大な播種船・シドニアの最下層で育った少年・谷風長道は、衛人と呼ばれる大型兵器の訓練生となる。旧型だが歴史的な名機・継衛への搭乗を許された長道は、奇居子との絶望的な戦いの中で、仲間たちとの絆を深め、愛を知り、英雄への道を進む! ロボットSFの金字塔、雑誌と同サイズの新装版で待望の刊行開始!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 融合個体つむぎ登場の3巻目

  • 普段読まない作風の漫画を描く作家さんだと思う。
    つまり、敵がとても気持ち悪いし、残酷だったり、非情なシーンもある。最初は、怖いもの見たさという感覚もあって読み進めていたが、正直に言ってしまうと、ちょっとネットで調べた限り、「ハッピーエンド」ということがわかったので、安心して読んでいるという感じ。漫画でも小説でもあまりにも救いのないものは、個人的には苦手意識がある。読めないことはないのだろうが・・・

  • 第3巻です。
    この巻からつむぎ登場。つむぎ、強いです。
    この新装版では、つむぎ登場の場面は見開きカラーページで収録されていますが、これなかなかよろしい。
    あと、オカリナの主本体が泡状分解するところも見開きでしたね。これも迫力満点。
    そしてついに大シュガフ船が動き出します。
    盛り上がりながら次巻へ。

  • いよいよつむぎ登場。読み応えのあるB5判、重いけど嬉しい(^^;;

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1971年生まれ。男性。福島県郡山市出身。代表作に『BLAME!』『バイオメガ』『シドニアの騎士』など。1995年、『BLAME』がアフタヌーン四季賞で谷口ジロー特別賞を受賞。その後高橋ツトム氏のアシスタントを務めた後、『BLAME!』の連載をスタート。『シドニアの騎士』を経て最新作『人形の国』を「月刊少年シリウス」で連載中.。

「2021年 『人形の国(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

弐瓶勉の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×