巨娘(5) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 49
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065107270

作品紹介・あらすじ

焼き鳥屋のジョーさんは巨娘です。身長181cm。どんな男よりも男らしく、圧倒的な力で他を制圧する存在感。それ故に巨娘なのです。意識の低いラーメン屋に鉄槌を下し、一歩を踏み出せない若者をぶったたいて奮い立たせます。伊豆旅行ではヤクザの抗争すら鎮圧します。そして、一人前になる板前の姿を、そっと見守ったりもするのです。巨娘のまっすぐさと剛腕の物語、これにてひとまずのお別れです!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これで簡潔になんだぁ…寂しいなぁ…相変わらずの勧善懲悪でジョーさんがステキです☆タケルさんとサチさんの最後のシーンがちょっと良かったな☆それから害虫駆除はいま勤めてる会社でも関わってるのでそうそう!って頷きながら読んでました。それからクレーマー❗️これは腹立つ❗️もっともっとギャフンと言わせて欲しかった❗️手ぬるいよ〜ページ数の関係かなぁ…何回も読み返す本になりそうです。

  • 圧倒的キャラの主人公とその仲間たち。
    キャラづくりが抜群に上手い。

  • 迷ったけれど、★5つにはした。本当に評価が難しい作品で、最初の2話のあまりにも見事な「木村紺らしい」人情短編は紛れもなくキャリアハイと言える出来だし、最終回が決まってからちゃんと1キャラづつ回収を始めていく丁寧さも本当に見事で、『巨娘』のクソ馬力ギャグとはまたぜんぜん違う何かがある。それでいて最後の1話はまったく終わり感がない絶妙さだし……。だからこれを、木村紺の軸なのだと思えばいいのか、それともやっぱりこの年月重ねた円熟味を生かしてもう一回『神戸在住』みたいなことをやって欲しいなって気持ちに正直になればいいのか……ほんとに……。/でも、お疲れさまでした。

  • 江戸野菜を使ったメニューを開発するために近県を走り回り、休暇先の伊豆で静かに過ごすためにヤクザの抗争に立ち入り鎮圧し、自分の過去の事件を鳥吉になすりつけたライバル店へのオトシマエ、チェーンの名前を変えようとする社長をあしらう一幕、と、この巻も八面六臂の活躍のジョーさん。いつも通り力強く、なのに、帯に完結とあり...また再開されないかな。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1997年、投稿作品『神戸在住』にてアフタヌーン四季賞を受賞。同作品は2006年まで続く連載作となった。2002年には第31回日本漫画家協会賞新人賞も受賞している。その他の連載作品には、京都の女子高を舞台にした柔道漫画『からん』、ボクシングを題材にした『マイボーイ』がある。
現在は月刊good!アフタヌーン誌上で焼き鳥チェーン店を舞台にしたコメディ『巨娘』を連載中。

「2018年 『巨娘(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木村紺の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×