星野、目をつぶって。(9) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
4.21
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065107607

作品紹介・あらすじ

俺は、彼女に、メイクをすることになった──。小早川はクラスの日陰者。休み時間は寝たフリ…。クラスメイトには名前も憶えられてない…。だが、ある夕暮れ、小早川はクラスの人気者・星野海咲の誰も知らない素顔を知ってしまう! そして、その日その時こそ、小早川の、星野の秘密を守る波乱の日々の幕開けだった! 秘密を抱えた少女×退屈に生きる少年──二人が紡ぐ“日常革命系ボーイ・ミーツ・ガール”!!

小早川と星野は付き合い始めた。「秘密」を守るため、ドタバタは尽きないが、このひとときは間違いなく「青春」だ。小早川は、デート費捻出のため人生初のアルバイトへ。だが、アルバイト先には恐るべき「魔女」が待ち構えていた──。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 新キャラの小宮さん、精神が強い。
    本音なのかどうかつかめない部分もあるけど、嫌な子ではなさそう。
    星野と小早川は付き合い始めたのに、何も知らない狩野がなんだか不憫。
    そして星野ってこんなに小早川のこと大好きだったっけ!?と感じてしまう…。

  • カテゴリ変更。

    小宮さんのストーリー上の今後の役割はあるんだろうか?

    今回一番面白かったのは、
    幕間の挿し絵(笑)

全2件中 1 - 2件を表示

永椎晃平の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×