星と旅する(2) (講談社コミックス月刊マガジン)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 32
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065108833

作品紹介・あらすじ

母星のまわりを「超近接衛星群」が取り囲んでいる世界。小さな家星に暮らす主人公・ゲンジは、桃源郷を造るという夢のため、記憶を失った少女・ルナとともに遥かなる“星旅”に出発した! 「村星ホシバシイ」で出会った最強の狩人、鳳凰匠・ベイダーは「鬼人」と呼ばれたゲンジの力を求めるが…ゲンジの答えは!? 『超人学園』『忍のBAN』の石沢庸介がおくる夢の物語。宇宙規模のDIY、理想の星造りが始まる!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 石沢先生に喧嘩売る気はないんだが、この(2)を書店で見つけた時は、ホッとしてしまった
    完結の二文字が、帯か裏表紙に入っていたら、どうしよう、とドキドキしていたので、つい、大きな安堵の息が出てしまい、周囲を吃驚させてしまっただろうな
    しかし、まだ油断は出来ない。とりあえず、前作の『忍びのBAN』の巻数は超えられたけど、代表作である『超人学園』にはまだ遠い。できりゃ、ではなく、この『星と旅する』のストーリーのクオリティなら、10巻超えも不可能じゃない筈だ、と私は確信している
    石沢先生の実力を解放するには、何より、担当編集さんの協力が必要不可欠
    できる範囲で構わないので、石沢先生の力になってあげてほしい
    ほんと、こんなにグッと来る少年漫画には、中途半端で終わって欲しくない
    終わる時は、いつか来るにしても、それは石沢先生が満足できるラストであってほしい。それは、漫画読みの我儘なのは百も承知。しかし、漫画ってのは、そうであるべきだろう。もちろん、小説も
    この『星と旅する』も、これまでの石沢作品と同じように、質の高いアクション、甘酸っぱい恋模様、先生の趣味全開なお色気シーン、また、読み手の心を貫く、痺れる名言の数々が詰まっている
    読み応えでは、『血界戦線』や『サクラコード』にも、ぶつかり負けしない
    石沢先生のお尻に負担はかけたくないけど、可能なら、週刊少年マガジンに番外編を描いてもらいたいほど
    この(2)では、星の住人に、ベイダーのメイドである、ローリエが加わった事で、より賑やかになっている
    メイドとして有能、また、戦闘技術もあり、しかも、破壊力のある女の武器まで備えているローリエが、ゲンジとルナの温かさに触れ、少しずつ、その空気に馴染んでいく様は、見ていて、ほのぼのする
    この仲間が増えていく展開こそ、石沢作品の最大の魅力なのかもしれない
    この(2)では、前巻のようなド派手なアクションこそ、少なかったが、ゲンジの底知れぬ強さが視えるシーンは、ちょいちょい、あった。本当に強い人間ってのは、戦闘時だけでなく、平穏な時でも、隙を見せない
    飛んでいる羽虫を伸ばした釣り針でキャッチって、どんな達人のスゴ技だ
    なので、(3)では、ゲンジの超人的なバトルが見たい!!
    一番の家星を決める星歌祭に参戦し、個性的なキャラが集まるのなら、そういう展開になっても不思議じゃないはずだ
    もちろん、ゲンジとルナの関係も進展してほしい、と思っている
    微笑ましいのだけど、もうちょい、近づこうよ、とじれったくなる時がな。まぁ、ゲンジはヘビーな過去があるからか、何でもかんでも受け入れる一方で、どっか、失う事を恐れてか、線を引いて近づく事、近づかれる事を怖がっているようにも感じる
    ルナなら、きっと、臆病なゲンジの線を簡単に跳び越えてくれるに違いない
    さて、(3)では、どんな友情が築かれるのかな?
    この台詞を引用に選んだのは、カッコ良さに痺れてしまったので。正に、王だ。やはり、王ってのは、言動で民に希望を与える事ができなきゃな。私の作品の主人公も、しっかりと成長させて、これくらい覇気のある王にさせたいものだ

全1件中 1 - 1件を表示

石沢庸介の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×