七つの大罪(30) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (11)
  • (20)
  • (24)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 617
感想 : 12
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065109663

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

〈七つの大罪〉最後の日! 手負いの〈大罪〉に迫るチャンドラー。〈十戒〉をも凌ぐ猛威に誰もが死を覚悟した時、伝説の「王」たちが立ち上がった! だが、その想い虚しく未来は闇へと閉ざされる。最愛のエリザベスと引き換えに、メリオダスが下した在ってはならぬ決断によって。魔神王の座に集う三つの邪星。復活の女神族。積年の遺恨が、聖戦を呼ぶ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 152冊目『七つの大罪 30』(鈴木央 著、2018年2月、講談社)
    『vsチャンドラー編』完結。
    ストーリーがだんだんと複雑に。
    聞き分けの悪い男にはホーリービンタ。

    〈話し合うには まず 互いに腰を 据えねえとな?〉

  • アーサー王伝説前日譚、最強最悪の騎士団"七つの大罪"の活躍を描くファンタジー第30巻。
    チャンドラー戦終結。目覚めた団長はエリザベスの呪いを解くべく魔神王の力を得るため弟たちの元へと。なんとか団長とエリザベスを救おうとする元七つの大罪の面々。そして女神族も続々と復活して大乱の予感。。。

    巨人王ドロール、初代妖精王グロキシニアはあっさり使い捨てか。登場するまでは割合盛り上がってたんだが。。。そしてホークに意外な伏線が。エリザベスは三日の猶予と言ってたけどあと二日くらいか?短いな。

  • 魔神王の息子、長男最強。そして、末っ子やはり不憫…

    それにしても、メリオダスにかけられてる呪いがよくわからない…(感情が在るんだか、無いんだか…)
    メリオダス自身もエリザベスに説明されるまで知らなかった呪い、知ってる人と知らない人が存在するのは何故だ?
    ドロールとグロキシニアは、初めエリザベスが判らなかったって事は呪いで転生を繰り返している事を知らないと…

    メリオダスは、魔神王の後継者として死んでは困るから不死はわかるけど、エリザベスを何度も人間に転生させる意味って何?
    そのまま、生き返らせずに2人が二度と逢えない様にした方が魔神王にとって都合が良い気がするけど…
    最高神もエリザベスを後継者に、とは母親も思ってはないみたいだし…人間に転生させるくらいだしね。
    エリザベスを何度も人間に転生させる狙いって何だ?

    マーリンも人間としては最強。
    キャメロットで、魔神族を襲撃している正体不明者も判明しないし、謎が多い作品…

  • メリオダスの選択、エリザベスの選択、グロキシニア、ドロールの選択。そして女神族の復活。全く展開が読めません。

  • 〈七つの大罪〉最後の日! 手負いの〈大罪〉に迫るチャンドラー。〈十戒〉をも凌ぐ猛威に誰もが死を覚悟した時、伝説の「王」たちが立ち上がった! だが、その想い虚しく未来は闇へと閉ざされる。最愛のエリザベスと引き換えに、メリオダスが下した在ってはならぬ決断によって。魔神王の座に集う三つの邪星。復活の女神族。積年の遺恨が、聖戦を呼ぶ。(Amazon紹介より)

  • 〈七つの大罪〉最後の日! 手負いの〈大罪〉に迫るチャンドラー。〈十戒〉をも凌ぐ猛威に誰もが死を覚悟した時、伝説の「王」たちが立ち上がった! だが、その想い虚しく未来は闇へと閉ざされる。最愛のエリザベスと引き換えに、メリオダスが下した在ってはならぬ決断によって。魔神王の座に集う三つの邪星。復活の女神族。積年の遺恨が、聖戦を呼ぶ。

    ドロールとグロキシニア…いい人たちだったのでとても切ない。
    あのじいさんめっちゃ強いな。
    メリオダス一応正気には戻ったけど、エリザベスの為にまさかの究極の決断。しかしメリオダス兄弟は謎が多いな…エスタロッサもエリザベスと関わりありそうだし。
    ホークはそろそろ何でもありすぎて驚かなくなってきた。バン無事に帰ってきてほしいけど…。
    マーリンのチートっぷりもいよいよ拍車がかかってきたよ。おまけに女神族まで出てきちゃうし、収拾付くんだろうか?

  • 色んなところで色んな事が起こってもう色々大変ですwとりあえず、だんちょがお強すぎたww

  • 初代妖精王Gloxiniaと巨人王Drollが命を落としてしまいました…。
    正気に戻り無事にこの対戦を切り抜けて
    各々の森と里に戻り、一族を纏めて欲しい、
    平穏に暮らして行って欲しいと彼等に対して願っていたので
    唯々悲しくてやるせない気持ちが広がっています…。
    残されたGerhardが不憫でなりません……。

    それからMargaretが女神族Ludcielに身体を支配され、
    雰囲気がガラリと変わりました。
    彼女の念願だったGillbertとの再会は彼の一撃で一瞬間叶えられましたが、
    即死か一命を取り留めたかまでは描かれて居ないので油断は出来ません。

    またEstarossaとElizabethの出逢いは何処だったのか。
    気になる箇所が有り過ぎて、巻毎に目が離せないです!

  • "「まさか メリオダスの言ったマーリンとは貴様のことなのか……
    魔神王と最高神の祝福を受けし娘!!!」"[p.166]

  • 佳境?
    女神族もでてきて盛り上がってきました。
    3兄弟それぞれの思惑もきになる

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1994年、『Revenge』でデビュー。著作に『ライジングインパクト』、『ブリザードアクセル』、『金剛番長』、『ちぐはぐラバーズ』など。現在、週刊少年マガジンで『七つの大罪』の続編にあたる『黙示録の四騎士』を大人気連載中。

「2021年 『小説 劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木央の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×