こいいじ(8) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社
3.35
  • (0)
  • (10)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 160
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (168ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065111185

作品紹介・あらすじ

聡ちゃんとの秘密のキスは心に封印して、河田さんと結婚を前提におつきあいを始めたまめ。まめは子供の頃から大好きだった聡ちゃんへの、河田さんは義姉への初恋をこじらせた似たもの同士。二人の交際を聞いた聡ちゃんは、まめに「幸せになるよう祈ってるよ」と告げる。心に起きたさざ波を隠して――。成長する優、まめを見守ってきたシュン、亡き春子の思い出……それぞれの恋意地が絡み交差する、究極の片思いストーリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 購入して読んだもの。
    ひさびさに手に取って読み。

    聡ちゃん、実写だとどんな感じかなー、西島秀俊…いやもうちょっと若い…などと考えながら読んだ。

    まめと河田さんの旅行に便乗して(?)、ゆめが伊豆まで押し掛けるエピソードはなんだかなあ…と思ったりした。
    河田さんが意外に紳士。
    「自分の話ばっかりしちゃってごめんね 大原さんの話も聞かせて」とか、旅館の夜のエピソードとか、いいヤツだなーと思ったり。

    春ちゃんの、5年待っての話は辛すぎる。

    しかしこの巻ラスト、河田さんと会うために出かけようとする河田さんの義理の姉を呼び止める夫、のシーンはすごくざわつくのであった。

  • つらい……

  • 泊まりの旅行に行ったからといって線を踏み越えるわけではなく。
    差し挟まれる「死者の回想」にどきり。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1973年、神奈川県生まれ。1997年、『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。代表作『青い花』『放浪息子』はテレビアニメ化された。2015年、『淡島百景』が第19回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞。その他、『こいいじ』『娘の家出』『敷居の住人』『どうにかなる日々』など、著書多数。また、アニメ『アルドノア・ゼロ』『バッテリー』のキャラクターデザイン、小説の装画など、マンガ以外にも活躍の場を広げている。2020年、『どうにかなる日々』のアニメが劇場公開予定。

「2023年 『おとなになっても(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

志村貴子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×