七つの大罪(31) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (3)
  • (7)
  • (11)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 148
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065112052

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

愛すればこそ、貴方を止める。顕現した〈四大天使〉。彼らが目論むは〈光の聖痕〉の復活、そして聖戦の再開だった。エリザベスは、愛ゆえに暴走するメリオダスを取り戻すべく〈大罪〉の指揮を執る。愛する者の名において誓いし盟約。真の王により引き抜かれる聖剣。聖なる意志の下、希望の進軍開始!!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 愛すればこそ、貴方を止める。顕現した〈四大天使〉。彼らが目論むは〈光の聖痕〉の復活、そして聖戦の再開だった。エリザベスは、愛ゆえに暴走するメリオダスを取り戻すべく〈大罪〉の指揮を執る。愛する者の名において誓いし盟約。真の王により引き抜かれる聖剣。聖なる意志の下、希望の進軍開始!!!

    マーガレットの身体が女神族に奪われちゃってやな感じ。ヘンドリクセンはまともに戻ってくれたと思ったのに、ここでまさかの女神族登場に歓喜しちゃうし。ドレファスに諫められても、目の前で王や恋人が嘆いていても気にしないとか普通にヤバい。
    あとエスカノールの力は女神族と関係があったのか? 謎は深まるばかり。
    それにしてもまさかここでアーサーがやられちゃうとは…しかもメリオダスに。メリオダス目的のためにすっかり闇落ちしちゃったな。

  • 女神族、なんとなくイメージでイイもんの方と思ってると一番わるーく見えてくる。
    アーサー、これで終わりはないでしょう。
    エスカノールも気になる。
    天使にも能力的なものがあるとは。難しくなってきてついていけていないかも。。

  • 七つの大罪と四大天使が手を組んだ
    アーサーの死
    聖戦の開幕

  • "「そして今 あの子は選ばれた
    アーサーこそブリタニア歴代の英雄たちが認めし
    王の中の王なのだ」"[p.122]

  • なんか話が難しくなってきた。。。
    アニメ見直そうかな。。。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

鈴木央(すずき なかば)
1977年生まれ、福島県須賀川市出身の男性漫画家。
2012年、『週刊少年マガジン』にて連載開始した『七つの大罪』がヒット作となり、テレビアニメ化されるとともに、第39回講談社漫画賞・少年部門を受賞。
その他代表作として、一度打ち切りされながら終了後の反響が大きかったため再連載が決定した『ライジングインパクト』(『週刊少年ジャンプ』では極めて珍しい例)、『金剛番長』などがある。

七つの大罪(31) (講談社コミックス)のその他の作品

鈴木央の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

七つの大罪(31) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする