殺人予告はあの頃(1) (講談社コミックス)

著者 :
  • 講談社
5.00
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065112175

作品紹介・あらすじ

時を越え、呪いの予言は成就する。中学時代、WEB掲示板を作った──“虚構人間”。書きこまれた内容を何でも叶える。そういう“設定”だった。数年後、虚構が現実を侵しはじめる。1日に1つずつ、確実に実現される過去の書きこみ。7日後に待つのは、恋人の死。大切な人を守るため、遥丘彼方の運命との戦いがはじまる。

時を越え、呪いの予言は成就する。中学時代、WEB掲示板を作った──“虚構人間”。書きこまれた内容を何でも叶える。そういう“設定”だった。数年後、虚構が現実を侵しはじめる。1日に1つずつ、確実に実現される過去の書きこみ。7日後に待つのは、恋人の死。大切な人を守るため、遥丘彼方の運命との戦いがはじまる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 中学時代に軽い気持ちで作った仲間内のBBSに書かれたことが現実に起こり始める。
    8レス目に書かれている主人公の彼女の「真名子が死ぬ」ことを現実にしないため、予言の実現を食い止めようと頑張る主人公たち。
    なかなか面白い展開で、続きも楽しみ。
    主人公カップルの、前髪の圧がすごい…。

全1件中 1 - 1件を表示

伊藤イットの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×