あたりのキッチン!(3) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.33
  • (1)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065112366

作品紹介・あらすじ

他人とのコミュ能力が限りなくゼロの大学生・清美は、いちど食べた料理はレシピまで解読できるというスゴ技(?)を持つ、定食屋「阿吽」のアルバイト。接客は地獄だけど、店主・善次郎の細やかな仕事ぶりに感動しつつ、ご近所さん達にビビリながらも温かく交流しつつ、自分が居たいと思える場所を見つけていく。善次郎の息子・清正(高校生)も、そんな清美に影響されて…。ホッと美味しい定食コメディ、心にもしみる第3巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鈴代さんが恋愛に興味がないと知り玉砕するも、友達になりたいとストレートに清美さんに頼む兼原くんの巻。旧な伯母さんの来訪に動揺するも、ちゃんとやってることは伝えられた清美さんの巻。幼い頃の清美さん、その父、阿吽のマスターのつながりが示唆される一幕。バレンタインをめぐる狂想曲。樹くんの父へ何かをプレゼントして喜ばれたいという思いと、周りの店員達がこぞって協力してくれる愛され具合の巻。辛いものを食べるのが娯楽ってちょっとわかる気がするわ、と微笑む鈴代さんのシーンがこの巻の白眉かなと個人的には思いつつ。そして、料理で人を喜ばせる!というところに清美さんが自分の適性を見出したシーンも。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

月刊アフタヌーン『あたりのキッチン!』(全4巻)にてデビュー。エッセイ漫画にも定評があり、コミックDAYSにて『白米からは逃げられぬ ~ドイツでつくる日本食、いつも何かがそろわない~』(全1巻)連載。アフタヌーン公式ツイッターでも4コマ『ぽけっとドイツ手帖』で活躍中。

「2021年 『あやかしメルヒェン(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白乃雪の作品

ツイートする
×