首都高SPL(2) (ヤンマガKCスペシャル)

著者 :
  • 講談社
4.33
  • (4)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 53
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065113783

作品紹介・あらすじ

工藤圭介、42歳。GT-R専門のチューニングメーカー代表。彼の作るGT-Rは、絶品といわれ、数々の走り屋たちを魅了していた。ある時一台のポルシェターボが現れる。彼の名は、明彦。弱冠25歳。明彦の手がけたチューニングポルシェに乗った工藤は絶句し、また覆われていた閉塞感から解き放たれる。時を同じくして、若き工藤が手掛けた、プロトタイプのチューニングGT-R、K0(ケイゼロ)の所有者が工藤の前に現れる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 早く第3刊が読みたい‼️

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1977年、『あこがれの白いスポーツカー』でデビュー。代表作は『あいつとララバイ』、『シャコタン★ブギ』、『湾岸ミッドナイト』など。車漫画では、日本を代表するトップランナー。

「2023年 『首都高SPL(9)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

楠みちはるの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×