少年の残響(2) (シリウスKC)

著者 :
  • 講談社
3.86
  • (3)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065114780

作品紹介・あらすじ

アウゲンブリック少年合唱団。かつては孤児院、今では子供たちに勉強と合唱を教えるギムナジウム。彼らの歌声は、人々へ捧げられる癒やしの調べ。しかしその歌にはもう一つの意味があった、それは――。

ルームメイトの粗雑さに心かき乱される者、下級生思いの上級生、厳しい先生、飄々とした転入生……。少年たちは、刹那と永遠の間にあるものが成長であるとまだ知らない――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この作品は,ギムナジウム・合唱・セーラー服・半ズボン・少年の身体美・少年愛的描写等々,「風と木の詩」に代表されるようないかにも少年や少年愛をテーマにした作品であるのだが,その中でただ少年による大人の殺害シーンが非常に異質に感じられる.殺害に関わることは,演奏旅行(ツアー)や演目表(プログラム)といった言葉により比喩的に示されるのだが,これは殺害を比喩的に示しているのではなく,逆に殺害の方が比喩なのかもしれない.大人とは少年の死を表す.

  • フェチい。そうなったのか、が多かった。辛さ。

全2件中 1 - 2件を表示

座紀光倫の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×