七つ屋志のぶの宝石匣(7) (KC KISS)

著者 :
  • 講談社
3.85
  • (13)
  • (28)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 275
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065114841

作品紹介・あらすじ

「お前が目的なんじゃないの?」要注意人物・乃和の兄が再登場で、波乱の予感!顕定と志のぶに近づく新たな黒い影が…?すべての鍵を握るのは“虎徹”!?宝石を巡るドラマが動き出す――! 他、志のぶの天賦の才vs科学の力・ラボラトリーの対決や、文化祭で巻き起こる三角関係事件など、注目の展開が目白押しの第7巻!

「お前が目的なんじゃないの?」要注意人物・乃和の兄が再登場で、波乱の予感!顕定と志のぶに近づく新たな黒い影が…?すべての鍵を握るのは“虎徹”!?宝石を巡るドラマが動き出す――! 他、志のぶの天賦の才vs科学の力・ラボラトリーの対決や、文化祭で巻き起こる三角関係事件など、注目の展開が目白押しの第7巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 宝石、質屋、ミステリー、コメディなどなど色々な要素があって、巻を追うごとに登場人物も増えて大渋滞を起こしそうなのにそんな事もなくどんどん面白くなっている。カバーにその巻に出でくる宝石の写真が載っているので、読んでいてとても想像しやすい。
    1巻から名前だけしか出ていなかった虎徹が今巻でやっと登場。まだ一瞬だけど。次回からはがっつり関わってくるのかな。

  • 雉ェ螻九↓鬆舌¢繧峨l縺溯憶螳カ縺ョ諱ッ蟄舌→縲∫浹縺ォ髢「縺励※螟ゥ謇咲噪縺ェ髑題ュ倡愍繧呈戟縺、螂ウ蟄宣ォ倡函縺ィ縺ョ縲√°縺、縺ヲ螟ア繧上l縺溷ョカ螳昴?遏ウ繧呈爾縺怜?縺昴≧縺ィ縺吶k隧ア隨ャ7蟾サ縲る?壹j縺吶′繧翫→諤昴▲縺ヲ縺?◆莠コ迚ゥ縺後←繧薙←繧鍋オ。繧薙〒縺阪※縺?※縲∬ゥア縺御ク?遲狗ク?〒縺ッ陦後°縺ェ縺上↑縺」縺ヲ縺阪※縺?k讒伜ュ舌?ゅ%縺ョ蜈医←縺?↑繧九?縺九?

  • 5〜7読了 顕定なのかしのぶなのか、誰が狙われているのか分からなくなってきたけれど、赤い石と家のミステリー要素とのわを含む恋愛要素が絶妙に絡み合い、面白くなってきました。宝石が題材なのも好きなので嬉しいし、二ノ宮さんらしいお笑いもあって楽しいです。
    虎徹、意外だったなー。どう絡んでくるのでしょう。

  • 「幸運の赤い石」は特に進展なし。

    最後の方で虎徹登場。
    ちょっとイメージと違う。

  • やはりヒロインは顕定なのか。志のぶちゃん普通に強いからな…物理的に…

  • 役者も揃ってきてますますミステリ的要素が濃くなってきた。
    そのせいで若干宝石が目立っていない気もしつついつも巻末カバー折り返しの出てくる宝石一覧は興味深く読んでいる。

    なかなか赤い石の謎は解けそうにない。

    顕ちゃんも鷹さんもカッコ良くて楽しい。
    二宮さんの漫画を全部読んではいないけれど、男子キャラで読んでいてカッコいい!となったのはこの作品が初めて。

  • 文句なしに面白い7巻。いつも思うけど二ノ宮知子さんは「これでどんな話になるの?」という不安を簡単に覆してくれる。どうでもいいけどstory.28表紙の顕ちゃんは何?なぜ炊飯ジャー?イケメンなのに……

  • 次巻が楽しみ

  • 一応ミステリに分類されるのか? 虎徹ってどこから出てるのかな? 6巻見てみたけど、名前は出てきてないけど。しかし、たいした人物には見えないね。真贋も、特殊能力もなさそうだけど?

  • いやいや、面白い。 結構宝石にまつわるいろんなことが絡んで、謎が深まる。虎徹がタイで、偽物ルビーをつかまされ、顕定と鷹臣にド突かれ、帰国出来ずさてその後どうなるか。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

二ノ宮 知子(にのみや ともこ)
1969年生まれ、埼玉県出身の漫画家。
1989年、『外国ロマンDX』(角川書店)に掲載の「London ダウト・ボーイズ」でデビュー。以後、『ヤングロゼ』(角川書店)、『Kiss』(講談社)などに作品を発表する。2001年に連載開始した「のだめカンタービレ」がヒット。で2004年第28回講談社漫画賞少女部門を受賞。テレビドラマ化・アニメ化・映画化された代表作となり、クラシック音楽を一般に広める役割も果たした。

七つ屋志のぶの宝石匣(7) (KC KISS)のその他の作品

二ノ宮知子の作品

七つ屋志のぶの宝石匣(7) (KC KISS)を本棚に登録しているひと

ツイートする