素直なカラダ (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (3)
  • (1)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 50
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065114865

作品紹介・あらすじ

原因不明の頭痛に苦しんでいた栗原かのこはひょんなことから東洋医学治療院「輪福玖堂」の鍼灸師・曲直瀬巴と知り合う。かのこの不調を的確に見抜きながらも、頭痛を治すことはできないという曲直瀬。「あなたのカラダを治すのはあなた自身です」曲直瀬の施術を受けたかのこは、東洋医学に興味を抱く――。カラダに不調を抱えるすべての現代人に贈る“読むと元気になる”東洋医学漫画!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • テーマが東洋医学、そして舞台が盛岡ということで手に取ってみた。原因不明の頭痛など、西洋医学ではわからない「未病」について、分かりやすく描かれている。ストレスにまみれている身としては、思い当たること多すぎ!鍼灸師の曲直瀬先生が、飄々としていいキャラです。「カラダって、素直ですから」のキメゼリフが、読むほどに効いてくる。タイトルにもなっているように、思っている以上に体は心の状態を素直に反映するのだということ、改めて実感した次第である。東洋医学って奥が深い‥。
    岩手銀行のレンガ館や実在の喫茶店など、「あ、あの辺だな!」と、盛岡を知っている身としては嬉しくなる場面がちょいちょいあり。なので、これで終わるのは勿体ないなぁ~!もっと色々な症例を描いて欲しいし、曲直瀬先生や院長の小梅ちゃんについてももっと知りたいし!勿論、舞台の盛岡ももっとストーリーに絡めて欲しいので、またどこかで描いて欲しいなと切に願います。

  • 「カラダって、素直なんです」をキーワードに、
    お医者にいってもわからない、
    薬を飲んでも治らない、そんな不調に
    光明を与えてくれる「東洋医学」を題材にした物語。
    確かに人間、いろいろためてますよねぇ…。
    1巻だけとコンパクトなので、掘り下げや広がりは
    やや少ないけれど、気軽に「入口」をのぞけます。
    もう少し発展が見たかったかなぁ。

  • 取り立てて凄くガツンと目立つ要素がある漫画とも違うけれど、描かれている知識は間違っていないし安心して読めるヒューマンドラマ。盛岡の話がちょこちょこ出てくるのでそのうち地方局制作のミニドラマの題材あたりに使われそうな雰囲気。
    星3.3くらい。

  • 良いお話でした。顔も体の一部ですね。

  • 題材が面白いし、表現もわかりやすい。先が楽しみです。

全6件中 1 - 6件を表示

東野柚子の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×