化物語(1) (KCデラックス)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (19)
  • (21)
  • (18)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 391
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065116173

作品紹介・あらすじ

【 西尾維新 × 大暮維人 】!!! 阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!?アニメ化・ゲーム化など多数のメディアミックスを果たした西尾維新の代表作『化物語』を、『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で! 「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい“物語”!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 空気感や文体が虚構推理と似ている気がした。

    化物語は男の子が主人公で、男の願望感があってちょっと苦手だったけれども。男の人が読んだら楽しいのかな?逆に虚構推理は女の子が主人公で、女性が読んでいて快いようになっている感じがする。

  • 小説は未読でアニメだけ。そのアニメ印象からの判断になるけれど、大暮維人さんのイラストがとてもピッタリ。あと本当に絵が美しい……もともとアニメもセリフが多かったので漫画も多いけれどとにかく絵が美しい。
    話はなにも知らなかったら???になりそうだけれど、(アニメの範囲内で)知っているのでこの先も楽しみ。

  • 1~10
    3が行方不明

  • 2019/04/18*読了

    kindleで無料だったので購入。
    このシリーズ一体どれだけあるのか良く分からないし、
    どの順番なのかも良く分からないので、その後の購入には至っていない。
    ストーリーは悪くないと思う。

  • アニメを先に見てから コミックの方にも興味が出て
    見てみたけど 思ってたのと違ってた
    アニメだと ギャグ要素が強かったけれど
    コミックの方は 繊細で綺麗な感じの絵だった
    想像と違ってたけど アニメと違って これはこれで好きです
    虚構推理が化物語に似ていると聞いたけれど
    妖怪退治的な要素があるだけでそこまで 似てるとは思わなかった
    似てるとしたら 琴子が暦で 九郎が戦場ヶ原さんに似てるのかなぁ

  • アニメを見てからこちらを読みました。
    大暮維人先生の圧倒的画力によって描かれる化物語は圧巻です。ときどきアニメとは違うオリジナル展開もありますが、原作の行間を読んで描いているかのようで比較的すっきり受け入れることができます。

  • 2019

  • 色々と懐かしい。読む気力がないだけで今でも西尾維新は好きなので、漫画だけでも読みたい。

  • 阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!?
    アニメ化・ゲーム化など多数のメディアミックスを果たした西尾維新の代表作『化物語』を、『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で! 「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい“物語”!!

    まさか今更にコミカライズされるとは思いもよらなかった化物語。一巻はひたぎクラブ。絵はすごく綺麗だしアニメを意識した雰囲気もうまいんだけど、やっぱりアニメの印象が強すぎて違和感を感じてしまう。
    特に阿良々木くんが最初誰かと思った。これはもう画風が違うから仕方ないんだけど。
    ひたぎちゃんは綺麗可愛い感じで満足です。

  • ■書名

    書名:化物語(1)
    著者:西尾 維新、大暮 維人

    ■概要

    戦場ヶ原ひたぎ。阿良々木暦がある日受け止めた少女。そう、彼女の体には―体重がなかった。
    1匹の“蟹”に行き遭い、体重を根こそぎ持っていかれていた。化物は、はじめからそこにいる。
    いつも。どこにでも。
    『掟上今日子の備忘録』西尾維新×『エア・ギア』大暮維人で贈るこれぞ新たな怪異! 怪異! 怪異!
    新しく、今巻き起こる〈物語〉!
    (amazon.co.jpより引用)

    ■感想

    なかなか手が出なかった物語シリーズ!やっと漫画化しましたね。
    小説読めばいいんですが、なぜか1巻の途中で読むのやめてしまったのですよね、昔。
    理由はさっぱりですが・・・・・

    今回読んで見ましたが、面白いですね、これ。
    流行るにはそれなりの理由があります。
    好き嫌いは別にして、やっぱりなぞを散りばめておくと、読者をひきつけるのだな~
    と感じます。
    この謎を回収しなかった典型が、エヴァでしょううね。
    この作品はある程度回収しているみたいなので、この後も楽しみです。

    「見えないけどそこにあるもの」をテーマにした奇々怪々物語です。
    なので、そういうのが嫌いだとあれですが、ファンタジーが好きなら楽しめるかと。

全17件中 1 - 10件を表示

大暮維人の作品

化物語(1) (KCデラックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×