化物語(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)

著者 :
制作 : 西尾 維新 
  • 講談社
3.85
  • (8)
  • (9)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 145
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (184ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065116173

作品紹介・あらすじ

【 西尾維新 × 大暮維人 】!!! 阿良々木暦を目がけて空から降ってきた女の子・戦場ヶ原ひたぎには、およそ体重と呼べるようなものが、全くと言っていいほど、なかった――!?アニメ化・ゲーム化など多数のメディアミックスを果たした西尾維新の代表作『化物語』を、『エア・ギア』の大暮維人が豪華漫画化!!現代青春ノベルの金字塔を世界一の絵で! 「週刊少年マガジン」にしかできない最高最興奮の新しい“物語”!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ビックネームのコラボ。


    作品もヒット作。


    期待大で期待通り( ´∀`)

  • とにかく絵が綺麗

  • 西尾維新と漫画という媒体の相性がそもそも悪い気がする。無機質でいて、ダラダラとくだらん喋りを入れてくるからノリが悪い。漫画としては致命的だわ。

  • "「僕は助けない
    そもそも何もできないし……
    なんて言うのかな……
    お前はたぶん 今から自分で自分を助けなければいけない
    …んじゃないか、と、思う。
    僕家 その道案内をするだけだ。」"

    画面の情報量は多いけど話は思ってたよりとんとんと進んでる感じも。

  • 雑誌「週刊少年マガジン」に連載されている西尾維新原作、大暮維人作画の「化物語」の第1巻です。本巻は「第一話 ひたぎクラブ」の途中までです。なぜ今更コミカライズなのか多少疑問が残りますが、原作やアニメと違って、終始シリアスモードと言いましょうか、そこまで大きくキャラが崩れたりしないのが特徴です。原作自体、そしてアニメもすごく癖があるものだったのですが、漫画版は第三の化物語として楽しめるのではないでしょうか。このまま原作どおりにコミカライズされていくのかな?

  • 「化物はやってこない。はじめからそこにいる。いつも。どこでも。誰の。中にでも。」

    化物語のコミカライズ。
    大暮の流石の画力と独特な魅せ方が作風にあっている。原作を読んでいても独自の会話も挟まれていて面白い。

  • 圧巻の絵と構図。でありながら情景がすっと入ってくる。コミカライズならではの面白さだと思いました。内容と雰囲気にしっかり入り込めてとても良かったので次巻以降にも期待です。お色気シーンもしっかりありましたね。

全7件中 1 - 7件を表示

化物語(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)のその他の作品

大暮維人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

化物語(1) (KCデラックス 週刊少年マガジン)を本棚に登録しているひと

ツイートする