七つの大罪(32)限定版 (講談社キャラクターズA)

著者 :
  • 講談社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065116180

作品紹介・あらすじ

かつて王国転覆をはかったとされる伝説の逆賊・〈七つの大罪〉。今もなお執拗に、そのお尋ね者を追うは、王国の要・一騎当千の聖騎士たち。しかし、切なる想いを胸に秘め、〈七つの大罪〉を捜す一人の少女が現れた時、世界の様相を一変させるとびきりの冒険が始まった! 痛快無比のヒロイック・ファンタジー、開幕!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • モンスピートがデリエリを庇って亡くなりました…。
    この二人は最後まで生き残るだろうと思っていただけに
    残念でなりません……。
    彼はデリエリを愛していたのだと私は思います。
    そうでなければ三千年以上も共に行動していないでしょう。

    それからSamuelがHeuserに
    恩寵を行使し続ければ人間の体は耐え切れずに
    滅びると言っていたので、
    Elizabethの今後が気になります……。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1994年、『Revenge』でデビュー。著作に『ライジングインパクト』、『ブリザードアクセル』、『金剛番長』、『ちぐはぐラバーズ』など。現在、週刊少年マガジンで『七つの大罪』の続編にあたる『黙示録の四騎士』を大人気連載中。

「2021年 『小説 劇場版 七つの大罪 光に呪われし者たち』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鈴木央の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×