パンの科学 しあわせな香りと食感の秘密 (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.15
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (268ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065116616

作品紹介・あらすじ

ふっくら、もちもち、パリパリ……パンといってもさまざまな食感、形状のものがありますが、そのパンの特徴を活かして美味しく焼くには、科学の力が欠かせません。生地をこね、寝かせ、叩き、形を整えて焼く、どの工程にも、科学的に重要な意味があります。また、焼き上がったパンをより美味しく食べるにも、科学の知識がポイントに! 本書はパンを食べるのが好きな人のための、よりパンを美味しく食べるための1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【プレゼント!2018年5月22日終日まで】パン作りは科学だった!パン好きのための、パンをより美味しく食べるための必読書!吉野精一さん『パンの科学 しあわせな香りと食感の秘密』5名様へ!

    https://hon.booklog.jp/present/bluebacks-20180516


    ふっくら、もちもち、パリパリ……パンといってもさまざまな食感、形状のものがありますが、そのパンの特徴を活かして美味しく焼くには、科学の力が欠かせません。生地をこね、寝かせ、叩き、形を整えて焼く、どの工程にも、科学的に重要な意味があります。また、焼き上がったパンをより美味しく食べるにも、科学の知識がポイントに!本書はパンを食べるのが好きな人のための、よりパンを美味しく食べるための1冊です。

    パンの「ちょっとした雑学」も科学的に解説!

    全粒粉パンは体にいい?
    パンはなぜ腹持ちが悪いのか?
    第一次世界大戦がパンの製法を進化させた?
    トーストを美味しくするコツは?
    卵サンドを美味しくするには?
    オーブントースター、ホームベーカリーの進化
    世界中のパンの種類を知りたい

  • や、やっと読み終わった…
    パンを焼くときに役にたつかな、と思いましたが。難しくてよく理解出来ませんでした。バカですみません。
    パンひとつでよくぞここまで書けるもんです。
    最後の写真付きパンの種類は楽しめました笑

  • パンの基礎知識
    パンの科学史
    パンの材料を科学する
    パン製法の科学
    パン作りのメカニズム
    パンの「美味しさ」を生む科学
    パンのよもやま話
    種類豊かな欧米のパン

    著者:吉野精一(1956-、製パン)

  • 私にはすごく難しいです。
    科学がわからないし、私には読みたくても理解不可能なところが出てきてしまう感じで、全部は無理でした。
    理解できたらすごいパンができたりするのかな。

  • 本格的すぎて難しかった…専門書だな。
    最後のパンの種類を紹介するところしかまともに読めなかった(>_<)

  • パン作りをやってみたくて読みましたが、やや難解でした。でも著者のパンへの深い愛を感じられて楽しく読めました。

  • <図書館の所在、貸出状況はこちらから確認できます>
    https://libipu.iwate-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=331690

  • 請求記号 588.32/Y 92/2058

  • 少し前からパンを焼くようになり,レシピ本と格闘するようになった.料理する上ではそれで問題ないが,一応研究者として理屈も知りたくなったところ,たまたまブクログにて本書のプレゼント企画があった.ダメ元で応募してみたところ,忘れていた頃に献本として届いたので早速読んでみた.

    感想を一言で述べると,「いかにもブルーバックスらしい一冊」と書けば伝わるかな?パンというありふれた題材に対して,主に有機化学と生物学を用いた解説が繰り広げられている.残念ながら私はどちらも詳しくないが,平易に書かれており再読する気にさせてくれる.特に第5章「パン作りのメカニズム」は,料理に詳しい方に興味深い記述だと思われる.以上より,かなりおススメできる一冊だと思われる.とりあえず私としては,少し前に壊れたホームベーカリーを買いなおそう….

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1956年大阪府生まれ。辻製菓専門学校 製パン特任教授。American Institute of Baking製パン科学学科、Kansas State University農学部穀物学科を卒業後、1987年辻製菓専門学校に入職。長年にわたり、近代製パンを科学と技術の両側面から専心・追究し、学術界並びに産業界から高い評価を受ける。また、穀物を中心とした食文化や歴史にも精通する、国内でも有数の研究家としても第一線で活躍中。著書に『基礎からわかる製パン技術』『パン「こつ」の科学』など。

「2018年 『パンの科学 しあわせな香りと食感の秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

パンの科学 しあわせな香りと食感の秘密 (ブルーバックス)のその他の作品

吉野精一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村田 沙耶香
夏目漱石
トマ・ピケティ
三浦 しをん
恩田 陸
スティーヴン ワ...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印

パンの科学 しあわせな香りと食感の秘密 (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
ツイートする