こどもべやのおともだち アンナとビイプ (講談社の創作絵本)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (1)
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 54
感想 : 4
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (44ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065118566

作品紹介・あらすじ

ふとしたことから、トランクのお部屋で一緒に暮らすことになった、お人形のアンナとぬいぐるみのビイプ。活動的なアンナと、ちょっぴりおくびょうなビイプ、そしてふたりのおおやさんである女の子が繰り広げる、ユーモラスでキュートなお話。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 【娘6歳セレクト】
    トランクの部屋でお人形の2人が
    一緒に暮らすことになって
    アンナのなりたい夢を叶えていくお話。

  • やさしいタッチの絵に癒される。
    インテリアの描写にも興味がわく。

  • 人形のアンナとクマのぬいぐるみのビイプが、女の子の「おおやさん」のドールハウスで暮らしています。アンナが抱く野望、ビイプの心配、「おおやさん」の粋な解決。絵の中に、こみねゆらさんのコレクションが沢山描き込まれていて素敵です。

  • 人形の話だ、、、

    講談社のPR(版元ドットコム)
    ふとしたことから、トランクのお部屋で一緒に暮らすことになった、お人形のアンナとぬいぐるみのビイプ。活動的なアンナと、ちょっぴりおくびょうなビイプ、そしてふたりのおおやさんである女の子が繰り広げる、ユーモラスでキュートなお話。
    https://www.hanmoto.com/bd/isbn/9784065118566

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

熊本県生まれ。東京藝術大学美術学部絵画科、同大学大学院で油画を学ぶ。1985年に渡仏、パリボザールに通う。1992年、初めての絵本『Les deux Soeurs』を出版。1994年に帰国後、絵本作家、イラストレーター、人形作家として活躍。『さくら子のたんじょう日』(作/宮川ひろ 童心社)で第10回、『ともだち できたよ』(文/内田麟太郎 文研出版)で第18回日本絵本賞、『オルゴールのくるくるちゃん』(講談社)で第47回講談社出版文化賞絵本賞を受賞。絵本に『こどもべやのおともだち アンナとビイプ』『ミシンのうた』(講談社)、『もりのちいさなしたてやさん』(風濤社)など。装画に『すきまのおともだちたち』(作/江國香織、集英社)、『魔法のたいこと金の針』(作/茂市久美子 あかね書房)などがある。

「2022年 『ぼうし』 で使われていた紹介文から引用しています。」

こみねゆらの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×