ママと赤ちゃんのぐっすり本 「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」解決ガイド (講談社の実用BOOK)

著者 :
  • 講談社
4.05
  • (15)
  • (18)
  • (10)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 192
レビュー : 22
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065118603

作品紹介・あらすじ

●おっぱい以外でこんなにすんなり寝たのは初めてです!(4ヵ月)
●「睡眠の土台」を整えたら、朝まで寝てくれました。睡眠不足で心に余裕がなかったのですが、今では息子にたくさん笑顔で接することができるようになりました。(7ヵ月)
●抱っこじゃないと寝つけない娘がわずか数日で睡眠改善が見られ、1週間後には1人でぐっすり眠るようになりました。家族一同感謝です。(6ヵ月)
●睡眠改善をし、ここまで家族の生活が落ち着くとは思いませんでした。(8ヵ月 双子)
●快挙です!昨日は19時に寝て6時まで寝ました!(1歳10ヵ月)
●嘘みたいに睡眠時間が増えました。「大好きだよ、おやすみ」と伝えて一人にしたら泣かずに5分以内に寝ました!(2歳)
●知っていることと知らないことは雲泥の差。(看護師)
●愛波さんのお陰で夫婦の会話時間が増えたことも精神衛生上プラスでした。(パパ)

子どもは大人のように、上手に寝れません。だからこそ、ママやパパを悩ませる「子どもの睡眠トラブル」が起こってししまいます。本書では科学的なエビデンスに基づいた「子どもの睡眠」解決プログラムを紹介。ねんねトレーニングをいきなりしようとしても、成功確率は低くなります。まずは子どもに必要な「睡眠の土台」をしっかり作りましょう。
日本人初・国際認定資格取得の子どもの睡眠コンサルタント×睡眠のエキスパートによる「ねんね」本の超決定版です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 子供が一人で寝てくれるために
    生後半年以降から始められる
    ねんねトレーニング

    生後半年以下の親の悩み、例えば黄昏泣きについての対策は見つけることが出来なかった


  • 妊娠中に購入して読む予定だったものの時間がなくて読めなかったけど、今だからこそわかることが多くて、成長に合わせて少しずつ読み進めたいと思います。
    ねんトレについてはすごい!と思える内容でした。

  • 子どもの睡眠に関する本はいくつか読んだが、この本が一番好感が持てる。睡眠の土台づくりの大切がきちんと伝わってくるし、親子ともに、心が満たされることも睡眠の土台のひとつとなっていることで、昼間の過ごし方を見直せる。心が満たされ、信頼関係を築けていれば、ひとりで寝るのもうまくいきそう。

  • こどもの睡眠については、多くの親が頭を抱えています。同じ問題に悩まされていた著者が、様々な勉強を行い、ついにはコンサルティングを行うように。
    そのコンサルタント経験と、科学的な根拠をもとに書かれた本です。

    睡眠の土台を整えることが大切、ということが中心にかかれ、具体的なやり方が書かれています。とても分かりやすくすぐに実践できそうです。
    なかなか添い乳が卒業できず、ママしか寝かしつけが出来ない我が家でも、まずは睡眠の土台を整えてみようと思いました。うまくいくといいなと思います。

  • ネントレの一冊。
    具体的に提示してあってわかりやすかった。
    子育てする前に読んだ方がいいかも。

    環境を整え、
    (気温、音、布団)
    リズムを整える。
    (7時に起きて19時に寝る)

    できるうちは実践したい。

  • 対象としている年齢が幅広く、3ヶ月で役に立ったか不明。最大睡眠時間は参考になり、生活する中で気をつけている。夜を認識させるため部屋を見直したら、就寝時間が16時前後になってしまった。黄昏泣きが改善した。

  • 眠トレやってみます

  • ねんねについて、とてもロジカルに書かれた本。
    アメリカ式?とでも呼ぶのがいいのか、日本で当たり前と思っている寝かしつけ方が、一つの方法だと知った。
    1人目のときはなんとなく日本式になっていた。
    2人目がもうすぐ産まれるので、この子はこのやり方でやってみようかと思う!
    ねんねのトレーニングというより、睡眠の土台を整えることに取り組みたい。
    長男の寝かしつけはせっかく触れ合う時間にもなってると思うので、しばらくはこのままでいいかな。
    もうちょい大きくなって、引っ越して?別々に寝る部屋ができた
    、ねんねトレーニングを試みたい。

  • セルフねんねまで行かずとも、
    普通に寝かしつけが大変で読んでみた。

    実践1日目、5分で寝た〜
    肩の力を抜くことを再認識できた。

    やれそうな方法と、そうでないものとがありそうなので
    星ひとつ減らしましたが、
    出来そうなことからチャレンジしてみようと思えました!

全22件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

乳幼児睡眠コンサルタント。APSCアジア/インド代表。IPHI日本代表。Sleeping Smart Japn株式会社代表取締役。慶應義塾大学卒業。 2012年に長男出産。夜泣きや子育てに悩んだことから乳幼児の睡眠科学の勉強をはじめ、米国IPHI公認資格(国際認定資格)を日本人で初めて取得。2015年に次男を出産。2人の男の子の子育てをしながら、子どもの睡眠に悩む保育者のコンサルティングや個別相談、日本人向けに子どもの睡眠教育プログラムを提供。IPHIと提携し、妊婦と子どもの睡眠コンサルタント資格取得講座の講師も務めている。

「2018年 『ママと赤ちゃんのぐっすり本 「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」解決ガイド』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛波文の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
リンダ グラット...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

ママと赤ちゃんのぐっすり本 「夜泣き・寝かしつけ・早朝起き」解決ガイド (講談社の実用BOOK)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×