金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)

著者 :
制作 : さとう ふみや  天樹 征丸  金成 陽三郎 
  • 講談社
3.82
  • (7)
  • (9)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 141
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065119044

作品紹介・あらすじ

やめろ金田一! みんなの前で俺のトリック暴かないでくれ…!! SNSで大反響! 金田一少年に謎を全て解かれた”犯人視点”スピンオフ!

凡人である犯人たちの一世一代の大勝負……! されど眼前…立ち塞がるのは天才という高い壁……! シリーズ第3巻は「金田一少年の殺人」、「仏蘭西銀貨殺人事件」を、名探偵を脇役に追いやって“犯人視点”でスピンオフ! 単行本でしか読めない描き下ろし原稿もタップリ収録!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「金田一少年の殺人」、「仏蘭西銀貨殺人事件」編。
    仏蘭西銀貨のほうはあまり記憶に残ってないけれど楽しめた。
    中でも警察からポンコツセットが届く。という文で笑った。
    次巻、地獄の傀儡師登場か…?!

  • 今巻は犯人達の本音とツッコミよりも
    トリックが閃く表現が膝を叩く程面白かったです。

    余りにもこの表現が強烈過ぎて
    話の内容を余り思い出せません……。

  • やっぱりおもしろい。
    特に葬送銀貨は、読みながらいろいろと思い出して懐かしかった。
    しっかし、ある程度ネタバレは回避しながら描くのは難しいだろうなあ…(とはいえ、犯人やトリックは思いっきり公開しちゃうわけですけど)

  • もう三巻まで。
    これ読んでると本編読み返したくなるんだよなー、上手いやり方だよなーー。
    だいぶ大変になってきたんだろうけど。

  • 原作のスピンオフ(この作品の場合はパロディだけど)って結構つまらなくなってしまう事が多いけど、この作品は、むしろ本編より楽しんで読んでるかも笑
    犯人の心理が読めるのがいい。

  • 待ってた!!!!!
    出落ちかと思ってたんですが安定して面白いです。
    細々したところにざ・たっちの幽体離脱とかパソコンで使ってるのフロッピーとかめちゃくちゃ面白い。
    日本の治安ノーフューチャ~~!で噴き出しました。
    ポンコツ汁が漏れ出てるメグレ伯爵。
    ついでに殺された六条がかわいそう。
    あとがきの「この漫画、ほぼ模写じゃないですか…」も笑いました。
    次巻はとうとう高遠が来る!?

  • 三巻も面白かった~。
    二話だけなのが残念だったけど、長く続けるためにはしょうがないのかな。
    でもその分、犯人の試行錯誤が丁寧に書かれててよかった。
    これ読んでると本当に金田一くん空気読んで!あんた鬼や!ってなる(笑)。

全7件中 1 - 7件を表示

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)のその他の作品

船津紳平の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿(3) (講談社コミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする