科学者はなぜ神を信じるのか コペルニクスからホーキングまで (ブルーバックス)

著者 :
  • 講談社
3.98
  • (21)
  • (40)
  • (18)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 467
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065120507

作品紹介・あらすじ

「先生は科学者なのに、科学の話のなかで神を持ち出すのは卑怯ではないですか」
ある高校生から投げかけられたこの質問が、本書が生まれるきっかけだった。
素粒子物理学者として「小林・益川理論」のノーベル賞受賞に貢献し、
カトリック教会の聖職者でもある著者が探し求め、見いだした答えとは?

聖書が教える「天地創造」の物語はもはや完全に覆され、「神は死んだ」といわれて久しい。
しかし実は、宇宙創成に関わる重要な発見をした科学者の多くは、神を信じていた。
天動説を葬り去ったコペルニクスとガリレオ、物体の運行を神によらず説明したニュートン、
宗教に強く反発して「光」だけを絶対としたアインシュタインらも神への思いを熱く語り、
さらには量子力学を創ったボーアやハイゼンベルク、ディラック、シュレーディンガー、
特異点なき宇宙を考えたホーキングら、「無神論者」といわれた現代物理学者たちさえも
実は神の存在を強く意識していたのだ。
彼らの神への考え方を追うことで見えてくる、宇宙論を発展させた本当の原動力とは?
日本人には理解しにくい世界標準の「宗教観」を知るためにも最適の一冊!

第1章 神とはなにか、聖書とはなにか

第2章 天動説と地動説 ――コペルニクスの神

第3章 宇宙は第二の聖書である ――ガリレオの神

第4章 すべては方程式に ――ニュートンの神

第5章 光だけが絶対である ――アインシュタインの神

第6章 世界は一つに決まらない ――ボーア、ハイゼンベルク、ディラックらの神

第7章 「はじまり」なき宇宙を求めて ――ホーキングの神

終章 最後に言っておきたいこと ――私にとっての神

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「科学者であるのに、科学の話で神を持ち出すのは卑怯」。

    高校生から投げかけられた言葉から、著者は科学者であることと神への信仰が矛盾しないことの説明をテーマとする。

    歴代の科学者の功績を紹介しながら、「神」という視点をもって科学を眺める。

  • めっちゃ面白かった。
    科学的内容まで含めた科学史をベースに、科学者が神をどのように捉えていたかが述べられている。
    後者がメインテーマではあるんだけど、前者の説明がとてもわかりやすく、高校物理〜大学物理の理解が深まった。
    一見相反するように見える科学と神が、実は切って切り離せないというのは面白い。そして、科学、特に宇宙の成り立ちを追えば追うほど、やはり神はいるのではないかと思えてくる。
    科学は確かにこの世の現象を説明してくれるけど、ではその法則はどうして、どうやって作られたのか。科学や数学はロマンで溢れているなと思う。

  • 宇宙や物質の究極のなりたちを追究している物理学者が、なぜ万物の創造主としての「神」を信じられるのか? それは矛盾ではないのか? 物理学史に偉大な業績を残したコペルニクス、ガリレオ、ニュートン、アインシュタイン、ボーア、ディラック、ホーキングらが神をどう考えていたのかを手がかりに、科学者にとって神とはなにかを考える異色の一冊。しかし、この試みは「科学とは何か」という根源的な問いを考えることでもある。

  • 本書を読む前は、私自身も、科学と神は相容れないものだと思っていた。というよりも、そもそも宗教というものを日常的に感じているわけではないので、西洋的宗教観と科学の接点がいまいちイメージできなかった。
    本書では、歴史的発見をしてきた科学者たちが、「神」をどう考えていたのか、科学と神の関係性をわかりやすく説明してくれているので、じゃあそもそもなぜ相容れないものだと思っていた(思わされていた)のかが、本書を読んで理解できた。

  • 神というか道の方が結局しっくりする感じ
    宇宙や素粒子物理学の流れが西洋思想的な観点から語られるのは分かりやすくて良い
    でも結局人格的創造神ではなく、それ以上偉大なものが考えられない創造の源としての神に行き着くのであればそれはどの宗教にも通底するんじゃないかな?

  • コペルニクスもガリレイに始まり、ニュートンもケプラーも、ファラデー、マクスウェルら物理学の発展に寄与してきた人たちはいずれも熱心なキリスト教信者だった!この著者も量子論の物理学者でありながらカトリックの助祭!神の創造の秘儀を知るために科学の発展を促してきた人たち。しかし、彼らの研究により神の領域が狭められてきたことは否めないという。アインシュタインは無神論者と思われているが、実は教会に対する反発が大きかっただけで、神には非常に関心を持っていた!そしてボーア、ハイゼンベルクも。彼らが1927年にソルベイ会議で神談義をした記録がハイゼンベルクにより残されており、この紹介が実に知的に刺激的。一方、ホーキングはやはり無神論者だろうか。法王ヨハネパウロ2世との出会い、そして虚時間宇宙、宇宙無境界仮説とますます無神論の領域に近づくホーキング!「宇宙に始まりがないこと」を証明しようと努力し続けた彼が実は神を求めていたという著者の主張に無理はない。結論は科学と神は矛盾しないという、当たり前の事実ながら、現代の最先端の有名科学者たち(著者もその一人)が神を信じるスタンスには興味津々だった!

  • 科学者はなぜ神を信じるのか | ブルーバックス | 講談社
    http://gendai.ismedia.jp/list/books/bluebacks/9784065120507

    講談社のPR
    「先生は科学者なのに、科学の話のなかで神を持ち出すのは卑怯ではないですか」
    ある高校生から投げかけられたこの質問が、本書が生まれるきっかけだった。
    素粒子物理学者として「小林・益川理論」のノーベル賞受賞に貢献し、
    カトリック教会の聖職者でもある著者が探し求め、見いだした答えとは?

    聖書が教える「天地創造」の物語はもはや完全に覆され、「神は死んだ」といわれて久しい。
    しかし実は、宇宙創成に関わる重要な発見をした科学者の多くは、神を信じていた。
    天動説を葬り去ったコペルニクスとガリレオ、物体の運行を神によらず説明したニュートン、宗教に強く反発して「光」だけを絶対としたアインシュタインらも神への思いを熱く語り、さらには量子力学を創ったボーアやハイゼンベルク、ディラック、シュレーディンガー、特異点なき宇宙を考えたホーキングら、「無神論者」といわれた現代物理学者たちさえも実は神の存在を強く意識していたのだ。
    彼らの神への考え方を追うことで見えてくる、宇宙論を発展させた本当の原動力とは?
    日本人には理解しにくい世界標準の「宗教観」を知るためにも最適の一冊!
    http://bookclub.kodansha.co.jp/product?item=0000311907

  • 私もクリスチャンという立場ですが、この本はクリスチャンでなくとも科学と神の存在を何となく真逆のものとしてイメージしている全ての方に読んで欲しい素晴らしい本でした。特に著者の言葉として同意できるのは、「もはや神は必要ないと考えることこそ思考停止ではないか」というところです。宇宙の始まり然り、生命の誕生も、進化論も、詰まるところ納得出来る証拠はなく解明されてはいないのです。そうであれば、「神はいない」という初期条件を付する必然性もそこにはないということになります。神を考慮に入れようとする時よく「非科学的」という非難を受けます。しかし、確たる証拠もなく「神はいないと思いたい」という感情から発せられる恣意的な初期条件こそ、非科学的アプローチではないかと私は思います。科学的に捉えて「神がいなければ成り立たない」のであれば、それはつまり「神がいる」ことの証明なのではないでしょうか。

    この本で筆者が言いたいことが端的に述べられた言葉が聖書そのものの中にあります。それは、「言う​まで​も​なく,家​は​全て​誰か​に​よっ​て​造ら​れる​の​で​あり,全て​の​もの​を​造っ​た​の​は​神​です」というもので、"ヘブライのクリスチャンへの手紙"3章4節に書かれています。地球は素晴らしく設計された家であり、宇宙もそうです。その設計技法や仕組みを解明したいという行為が科学なのであり、その解明をもってイコール設計者がいないことにはならないのではないでしょうか。

    いずれにせよ、この本が物理学史として素晴らしいだけでなく、名だたる物理学者たちの宗教観と神の捉え方という側面からの解説を積極的に文字化しているという点で、特に日本において一石を投じる科学書であることは間違いないと思います。

  • レポート用

    コペルニクスがかっこいいと思った

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1944年生まれ。1965年6月イリノイ大学工学部物理学科卒業。1969年6月プリンストン大学大学院博士課程修了、Ph.D.の学位を取得。コロンビア大学研究員、フェルミ国立加速器研究所研究員、ロックフェラー大学準教授などを経て、1992年より名古屋大学理学部教授、2006年4月より名古屋大学名誉教授、神奈川大学工学部教授。 2007年より東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構プログラムオフィサーを兼務。『B中間子系でのCP対称性の破れの理論』で1993年度井上学術賞、1997年度仁科記念賞、2002年度中日文化賞、2004年J・J・サクライ賞、2015年度折戸周治賞を受賞。2002年紫綬褒章受章。2017年秋の叙勲で瑞宝中綬章を受章。B中間子系でのCP対称性の破れの測定によって小林・益川模型の検証理論を展開。

「2018年 『科学者はなぜ神を信じるのか コペルニクスからホーキングまで』 で使われていた紹介文から引用しています。」

三田一郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カルロ・ロヴェッ...
リンダ グラット...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

科学者はなぜ神を信じるのか コペルニクスからホーキングまで (ブルーバックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×