はたらく細胞BLACK(1) (モーニング KC)

著者 :
  • 講談社
3.87
  • (12)
  • (29)
  • (11)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 296
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065120675

作品紹介・あらすじ

毎日せっせと体中に酸素を運ぶ、新米赤血球。しかし彼の職場(世界)の労働環境は、徹底的にブラック――!! 飲酒、喫煙、ストレス、睡眠不足……不健康の総合商社のような世界で、過重労働の末に細胞たちは何を思うのか? これは、あなたの体の物語――。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ストレスと戦う全おじさん必携の書。

  • 本家よりも設定を活かしきっている

  • 加古大也先生 おすすめ
    11【教養】491-S

    ★ブックリストのコメント
    赤血球、白血球、腸内細菌や免疫など、体内での様子がわかる漫画です。漫画的表現(擬人化、誇張)があるので、概要を知る手掛かりとしてどうぞ。

  • はたらく細胞と似たような展開を想像してたが、想像より読んでて辛くなった。楽しい感じじゃないからかな。

  • はたらく細胞シリーズ。

    不健康は生活になるとこんなにも体内の細胞は悲惨なんだと思わざる得なかった。

    喫煙や飲酒など、不健康な生活の方に是非読んでほしい。

  • 加古大也先生 おすすめ
    3【教養】491-S

    ★ブックリストのコメント
    赤血球、白血球、腸内細菌や免疫など、体内での様子がわかる漫画です。漫画的表現(擬人化、誇張)があるので、概要を知る手掛かりとしてどうぞ。

  • なんというか、こっちの方が馴染みがあって怖いな。
    喫煙、アルコール、円形脱毛症。と体内環境Blackな人が多そう。

  • 1巻

  • 「はたらく細胞」が面白かったので、期待して読んでみたのですが…面白いは面白い。
    「はたらく細胞」では赤血球がちょっとドジ属性があるけど明るくかわいい女性キャラで白血球がギャップありイケメン(?)だったのに対し、こちらは女性白血球と男性赤血球。白血球は女性型になってもかっこいいなあ…と読み進めていたのですが、正直、ぱんつやおっぱいは求めてなかった。
    今回は飲酒・喫煙・勃起・射精・性病となかなか…会社だったら辞めたくなるようなブラックで過酷なラインナップだったけれど、出来たら大学入学前の少年少女にも読んでほしいので、無駄なぱんつやおっぱいは女性読者のためにもやめてほしかったな~
    若者におすすめにしくくなるじゃん。残念でした。

  • 私もブラック

全23件中 1 - 10件を表示

初嘉屋一生の作品

はたらく細胞BLACK(1) (モーニング KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×