戦乱と民衆 (講談社現代新書)

  • 講談社
3.41
  • (3)
  • (12)
  • (9)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 120
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065122181

作品紹介・あらすじ

白村江の戦い、応仁の乱、大坂の陣、禁門の変――。民衆は戦乱をいかに生き延びたのか? 戦乱は「下克上」のチャンスだった!? 民衆の被害に国家は関心を持っていたのか? 『京都ぎらい』の井上章一氏も交え、日本史研究の風雲児たちが描く、英雄中心の歴史とは異なる、民衆を主語とした日本史!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 戦史というと記録に残りがちな武将や貴族の物語であることが普通だが、ここでのテーマのように民衆をフィーチャーしたものは珍しい。昨今歴史ブームと言われて久しいが、ブームのおかげでこういう広がりが出てくるから目が離せない。

  • 白村江の戦いと民衆 / 倉本一宏 述
    応仁の乱と足軽 / 呉座勇一 述
    オランダ人が見た大坂の陣 / フレデリック・クレインス 述
    禁門の変 / 磯田道史 述
    歴史を見る視点 / 倉本一宏, 呉座勇一, フレデリック・クレインス、磯田道史、石上阿希(司会)
    生き延びる民衆・チャンスとしての戦乱 / 倉本一宏, 呉座勇一, フレデリック・クレインス、磯田道史、井上章一、榎本渉、石上阿希

    著者:磯田道史(1970-、岡山市、日本史)、倉本一宏(1958-、津市、日本史)、フレデリック・クレインス(Cryns, Frederik, 1970-、ベルギー、日本史)、呉座勇一(1980-、東京都、日本史)、石上阿希(静岡県、日本史)、井上章一(1955-、京都市、建築史)、榎本渉(1974-、青森県、日本史)

  • 戊辰戦争で京都府民はそんなに被害にあっていたんだな
    支店を変えると歴史は幾通りにも楽しめます!

  • はじめに 磯田道史
    第1部 日本史の戦乱と民衆―基調報告
      第1章 白村江の戦いと民衆―倉本一宏
      第2章 応仁の乱と足軽―呉座勇一
      第3章 オランダ人が見た大阪の陣―フレデリック・クレインス
      第4章 禁門の変ー民衆たちの明治維新―磯田道史
    第2部 歴史を視る視点―一般公開座談会
    第3部 生き延びる民衆・チャンスとしての戦乱―座談会
    おわりに 呉座勇一

  • 白村江、大坂の陣、禁門の変など、
    時代はバラバラだが、戦乱の際に庶民が
    どう振る舞ったかという視点が面白い。

    意外にしたたかな、一般ピープルの横顔が
    浮かび上がる。

  • 民衆の視点から戦争を再定義する。ここで取り上げられるのは、白村江、応仁の乱、大阪の陣、蛤御門の変。シンポジウムでの論説を掲載するもの。第2部として座談会も収録されているのだが、井上章一を交えたこの座談会が爆笑もの。なぜか「京都ぎらい」になっている。
    なかで倉本先生の「歴史から学ぶ教訓があるとすれば、ひとは歴史から学ばないということ、そして人は同じ過ちを何度でもくりかえすということ」に100%同意しちゃう。

  • 毎日新聞2018923掲載

  • 東京遷都の一因に、京都が戦乱で焼け野原であったのは、新たな発見。

  • 東2法経図・6F開架 B1/2/2488/K

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

磯田道史(いそだ みちふみ)
1970年、岡山県生まれの研究者。茨城大学、静岡文化芸術大学などを経て、国際日本文化研究センター准教授。専攻は日本近世・近代史・日本社会経済史。
実家は備中鴨方藩重臣の家系で、古文書が豊富にあった。高校生のとき実家と岡山県立図書館の古文書を解読している。京都府立大学文学部史学科、慶應義塾大学文学部史学科を経て、慶應義塾大学大学院文学研究科博士課程修了。「近世大名家臣団の社会構造」で史学博士号取得。
2003年刊行の『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』が第2回新潮ドキュメント賞を受賞し、2010年森田芳光監督により『武士の家計簿』のタイトルで映画化し大ヒット。2015年には『天災から日本史を読みなおす』で第63回日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。その他代表作に『日本史の内幕』などがあり、多くの新書がヒット作となっている。

戦乱と民衆 (講談社現代新書)のその他の作品

磯田道史の作品

戦乱と民衆 (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする