フラジャイル(12) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
4.08
  • (20)
  • (33)
  • (9)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 372
感想 : 19
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065123225

作品紹介・あらすじ

「本物の病理医」とは何か。医師と技師、師と弟子、かけがえのない戦友とともに病気と向き合う中で医力は磨かれる。新人病理医、今こそ羽化の時!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 逃げた

  • この巻は今まで以上にしびれた。
    「今後、私の病理診断は、絶対です」
    努力の上に積み重ねられた覚悟は、かっこいい。
    そんなためにやっていたのではないとわかってはいるけれど。

  • ひとの成長って図解すると右肩上がりの線形関数的なフラットなモノではなくて階段関数的ですよね。長い停滞の先で、きっかけを掴むことができれば急激な成長がある。停滞を乗り切る忍耐力ときっかけをきっかけと見抜ける素直さ、ひたむきさがないとどうにもならない。

  • 寝ないで仕事できればいいのにとは思ったことないな

  • 一年目だから信じられない
    専門資格を持っていれば信じられる?
    何それ?
    って思うけど、
    もし自分の分野で起きたら
    すごく不安になるのかもしれない。
    自分以外の
    何かに託すこと
    人に仕事をお願いすること
    お願いした人の仕事に
    でも、
    悔しいよね。
    自信を持って
    デビューしたけど、
    それがうまくいかなかったのだから
    うまくいくことの方が
    稀なのかもしれないけど
    これでは
    やられてしまうのかもしれないけど
    ここから
    また一歩成長する
    失敗。
    もっといろんなものを

  • うちの病理医たち、って森井さん宮崎センセをみとめてますね。一巻ではあんなに頼りなかった宮崎先生、もうすっかり病理医の顔です。岸先生とのコンビ、ますます楽しみです。巻末のソファのくだりからも、本当にいいチームだと思います。

  • 面白い!セカンドオピニオンから病理と技師の関係も良いけど、その後のHPS(血球貪食症候群)と骨髄異形成症候群の流れ、宮崎の姿は必見やなー(笑)。で、最後の締めがまた良い。泣けるよ。次巻は透析か。

  • あーああ~あーあああああーー「フラジャイル」ぅぅぅーーーー

  • 11巻目が飛んでの12巻。だれだよひと揃え置いてある中から11巻目だけ取ったの。

    ついに、裏表紙にも岸先生が……。

  • 病理一年目だからって!ベテランからすれば、所詮一年目だろってことなんだろうけど、一年目は一年目なりにゾーンに入ってでも結果を出そうと、少しでも生き残る確率を高めようとしてるんだよーと言いたくもなる。ただ、やはり一年目ってのは一瞬でもためらうことをさせる言葉でもある。ものすごく難しい問題だよね。鴻池くん、前髪邪魔じゃないの?バケケンにそのまま居残れそうなの?

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

アフタヌーン四季賞2012年秋のコンテスト『彼女の鉄拳』で審査員特別賞受賞。

「2023年 『フラジャイル(25)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

恵三朗の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×