ぼくは恐竜探険家!

著者 :
  • 講談社
3.82
  • (9)
  • (16)
  • (11)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 158
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065124253

作品紹介・あらすじ

「はやぶさの目」とよばれる、気鋭の恐竜学者・小林快次氏が恐竜学者としての道のりを、恐竜少年とよばれた少年時代から、「はやぶさの目」とよばれ、数々の大発見をなしとげるようになった現在まで、あますところなく語りつくしました。

・恐竜少年あらわる
・悩み続けた留学1年目
・研究者としての第一歩
・恐竜発見の醍醐味
・これからの恐竜研究

 恐竜学者にあこがれる子ども達の必読書です!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 恐竜好きの浪人中の息子に連れられて、小林先生の
    講演に参加しました。その際に息子が持っていた
    本を借りてよみました。
    息子は、小林先生のことを尊敬していて
    北大に入りたいと思っていた時もあったようで。
    今でも、大学院は北大に行って博物館で小林先生と学びたいと思っているそうです。
    講演会の後に先生から、この本にサインをもらって
    北大に来ないの?受験がんばって!と言われた息子は
    その日は、(その日から?)勉強の態度が少しは変わったようです。
    人の力ってすごいなあと思います。

  • 新進気鋭の恐竜学者の自伝。ふとしたことから化石採集にはまった少年が、紆余曲折を経て、「恐竜探検家」となるまでが、等身大に描かれている。小中学生向けっぽいが、大人が読んでも楽しめるし、ためになる。恐竜という対象の魅力、また、(恐竜研究に限らない)研究職の面白さが伝わってきた。「人は段階的に成長する」という指摘にも得心した。

  •  日本の恐竜研究者で、今もっとも熱いのが、この小林快次北大准教授である。ムカワ竜という日本で初の恐竜全身骨格を発表したときの、日本でもこんなに立派な恐竜がいたんだ!という衝撃は誰もが感じたことと思う。
     本書は、恐竜の紹介本ではなく、恐竜研究者である小林快次氏の自己紹介である。おそらく、恐竜研究者にはどうやって成るのか?という問い合わせが多いのだろう。
     それに答えるように、子供のころ、学生、アメリカ留学と大学院生、いまの研究生活、と余すことなく写真やイラストを交えながら描写している。
     優秀な人間ではないが、ひとつのことに集中し諦めずに進む姿勢が氏の今を支えてきたと述べているが、恐竜研究者を目指す人にとっては、励みであると同時に厳しい道であることも読み取れることと思う。
     小林氏というか先生には、今後も恐竜の研究成果を発信して、ぜひとも世の中のファンの期待に応え続けてほしいものである。
     

  • ロマンチック!
    読みながらわくわくした。
    道は拓けるのだと、勇気をもらえる。
    むかわの恐竜のことも少し触れていた。

  • 子ども向けの本だけど、大学院でもがいてた小林先生に共感。「Confidence(自信)」が大切。今更ながら、ちゃんと自信持って生きよう、と思えて前向きな気分になりました。
    以下印象的なところ
    「もうできない」「自分には無理だろう」と思ったときこそ、それは成長のチャンスだ。もし考え抜いた先末にその問題を突破する方法を見つけ出すことができたら、今までの自分にはできなかったことができるようになる。
    英語学習で「1日10個の単語を覚える」「ニュースの英語を同時に復唱し続ける」

  • 小林先生が恐竜博士になったきっかけがわかる本。
    先生に勧められて、博物館の発掘ツアーに参加して、なんとなく断り切れなくて…
    そんな流され流され続けて行った恐竜研究だったけど、このままなんとなくでいいのか?と思った。
    そこで、英語を猛勉強してアメリカの大学に入り直す。
    何回も何回もダメ出しされても、へこたれず論文を書き続ける。

    普通は、
    「恐竜好きなんだ。
    ティラノサウルス、プテラノドン、トリケラトプス…」
    と、ただ知識を持っているだけの恐竜マニアになってしまうもの。
    だけど、自分は何をしたいか。そのためには、何を本気になって取り組まなければならないのか?
    それをしっかり考え、実際に実行できたから、恐竜博士として大きな発見をする素敵な人生になったんだろう。


    私も昔は好きなものがあったなぁ。と少し懐かしい淋しい気持ちが出てしまった。
    大学生の小林君が思い立ったように、何かに一生懸命になることをしてみたいと思う。


    そうそう、恐竜博士になってからのことは少ししか書いてなかったから、そのうち続編が出るのか!?

  • 一途に好きという事が、職業に繋がる。他との交流が自己を支えてくれる。でも、ベースになるのは、本人の努力。凄い人生。

  • 小林快次先生の意外な一面を知ることができ、おもしろかった!

  • 大人が読んでも面白い。言葉や漢字は子どもの事を考えた作りだと思いますが、良い意味で著者が子ども扱いをしていない。将来、恐竜学者(だけでなく、何か)を目指す人に向けて、言葉を届けようとしている印象を受けました。

    この本の中に書いてあったのですが、ある科学者は地球上に生命が生まれてから今まで五回、大量絶滅があったと言います。一番新しい大量絶滅は6600万年前です。しかし、今までで最も早く生物が絶滅しているのは現代だとか。著者は恐竜の絶滅を知り、そこから人間の知恵で人類の未来をよりよくできる、と言います。
    恐竜から現代の地球まで、興味深い話が続きます。

    恐竜に関心がない人も、読み始めてしまえば楽しく読んでもらえると思いますし、ちょっと恐竜のことが気になってくるのでは。

  • 息子は幼稚園の頃から恐竜がすごく好きで、卒園文集に「おとなになったらティラノサウルスのぜんしんこっかくをはっけんしたい」と書いたほどでした。小四の今、恐竜への熱意のピークは過ぎたものの今でも恐竜の研究者になるのが夢らしい。小林先生はテレビでもお馴染みで、親しみやすかったようで、小三でこの本を渡すと「面白かった」とのこと。親の私にとっても面白い自伝でした。恐竜に興味がなくても、一人の素敵な大人の人生がユーモアと共に綴られていて、小学校中~高学年におすすめです。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

こばやし・よしつぐ 1971年、福井県生まれ。ワイオミング大学地質学地球物理学科卒業。サザンメソジスト大学地球科学科で博士号取得。現在、北海道大学総合博物館教授、大阪大学総合学術博物館招聘准教授。獣脚類のオルニトミムス類を中心に、恐竜の分類や生理・生態の研究をしている。主なフィールドは、モンゴル、アラスカ、中国、カナダ、アメリカ、アルゼンチン。

「2022年 『どっちが強い!?X(12) 恐竜キッドをたおせ!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小林快次の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
ヨシタケシンス...
恩田 陸
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×