ちはやふる(39) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
4.12
  • (40)
  • (46)
  • (27)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 627
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065124956

作品紹介・あらすじ

話題の実写映画原作コミック!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最高の舞台。最高の勝負。
    ついに、ここまで来た。
    千早の勝負も意外な桃ちゃん熱で良かったけれど、新と太一には敵わない。
    周防名人に原田先生、母親達。脇も熱い。

  • 太一が序盤で自分でかけた呪いを解いていくように見えた
    全部をかけて

  • 太一、新に勝てるかな?
    ここは太一に勝たせたい。

  • 友人から37巻~41巻までまとめてかりて、一気読み。

  • 一つ一つの台詞と挙措の背後に渦巻く、ひりつくように雄々しく繊細な人々の思い。競技かるたのことはますます分からないけれど、手に汗を握っている。

  • ・200首 桃「あの変な服の趣味」とクイーンのことを言い切った
    周防の新の勝ち予想をワケありとはいえ覆した太一。純粋に新と拮抗しているの?

  • なんでだろう。
    読むと涙がポロポロと出てくる。
    泣きながら読んでる。
    太一の自分のがんばりを認めてほしい人、一人じゃなく二人なんだ。
    太一のほんとのことが美しくてきれいでまた泣けてくる。

  • 主役男子2名のガチ対決。さすがに見ものですな。ちはやのクイーン挑戦も決まって、また盛り上がってきてます。楽しみ。

  • 名人位・クイーン位挑戦者決定戦の第2試合。調子がよすぎる千早に必要な調整対応、それぞれに集中を高めあう太一と新、そして見守る人々の想いが深い。
    18-153

  • いやー、ものすごい緊張感。読んでてキリキリしました。三試合目、どうなるんでしょう。嫌な雰囲気が漂いますが、どうしても太一を応援しちゃいます。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1992年「太陽のロマンス」で第14回なかよし新人まんが賞佳作を受賞、同作品が「なかよし増刊」(講談社)に掲載されデビュー。07年から「BE・LOVE」(講談社)で「ちはやふる」の連載を開始。09年同作で第2回マンガ大賞2009を受賞するとともに「このマンガがすごい!2010」(宝島社)オンナ編で第1位となる。11年「ちはやふる」で第35回講談社漫画賞少女部門を受賞。

「2020年 『ちはやふる(45)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

末次由紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ちはやふる(39) (BE LOVE KC)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×