私たちはどうかしている(7) (BE LOVE KC)

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (4)
  • (8)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 145
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065128923

作品紹介・あらすじ

素性を隠して椿と結婚した七桜は、幾多の困難を乗り越え椿との絆を深めていく。妊娠を告げ二人の愛に懸けようとするが、そんな矢先15年まえに死んだ椿の父・光月庵の旦那様は亡くなった最愛の母と恋仲で、しかも自分の実の父であることを知る。次々と明らかになっていく過去の真実。ショックを受け思い詰めた七桜は、光月庵から姿を消そうと決意。そんな七桜の前に椿の元婚約者・栞が現れ……波乱を含んだ第1部クライマックス!

素性を隠して椿と結婚した七桜は、幾多の困難を乗り越え椿との絆を深めていく。妊娠を告げ二人の愛に懸けようとするが、そんな矢先15年まえに死んだ椿の父・光月庵の旦那様は亡くなった最愛の母と恋仲で、しかも自分の実の父であることを知る。次々と明らかになっていく過去の真実。ショックを受け思い詰めた七桜は、光月庵から姿を消そうと決意。そんな七桜の前に椿の元婚約者・栞が現れ……波乱を含んだ第1部クライマックス!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 怒涛の展開すぎた!!
    七桜の素性もバレたし、
    椿が旦那様の息子じゃないこともわかったし。
    恐らく椿の母が犯人らしいことも。。

    あの火事が二人の関係を全て変えてしまったんだろうな。切なすぎる。
    七桜の赤ちゃんも流れてしまったし。

    でも七桜は完全に椿への思いを断ち切って独立して、光月庵に復讐をしかけるのかな?
    そんなラストシーン。続きが気になりすぎる!!

  • 椿、Sっぽいのに自分の感情をちゃんと伝えるところ、クラクラくるな。
    ちょいちょいご都合な展開あるけど、やっぱり続きが気になる。
    しかし七桜の最後のセリフ、なんであんなこと言うようになっちゃった?

  • 愛を切り裂く衝撃の真実! 大波乱の連続で迎える第一章クライマックス‼
    妊娠を告げで二人の愛に懸けようとする七桜だが、次々と明らかになっていく過去の真実を前に動揺を隠せない。七桜は光が月庵から 姿を消そうと決意するが、そのまえに何としてもやらなくてはいけないことがあった! そんなとき椿の元婚約者・栞が現れて⁉

    ---

    七桜の決意と、女将の過去、七桜を再び疑い始めた椿。色んな人の思いの中、茶会が始まり事件が起き、七桜は少しずつ真実に近付いていく。女将は悪役として描かれているけど、結婚してからの出来事を思うとだいぶ切ない。
    続きがとても気になる。描かれていない時間に何があったのか、これから何が起こるのか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

代表作に『十二宮でつかまえて』『ARISA』『キッチンのお姫さま(原作/小林深雪)』など多数。現在「BE・LOVE」にて『私たちはどうかしている』を大人気連載中。『私たちはどうかしている』は2020年夏に日本テレビ系にて、浜辺美波、横浜流星のW主演でドラマ化。

「2020年 『私たちはどうかしている テレビドラマ化記念 1巻~3巻お買い得パック』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安藤なつみの作品

ツイートする
×