山口組三国志 織田絆誠という男 (講談社+α文庫)

著者 :
  • 講談社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (365ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065131299

作品紹介・あらすじ

いま、日本最大の暴力団で何が起きているのか? 分裂、再分裂を繰り返す山口組が抱える「恨みつらみ」の相克30年史と若き改革者・織田絆誠任侠山口組代表の実像と野望に迫った、著者だけが書けるヤクザルポの極北!

著者プロフィール

ノンフィクション作家。ジャーナリスト。1942年、東京都に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。2003年『食肉の帝王』(講談社)にて、第25回講談社ノンフィクション賞を受賞。暴力団取材の第一人者として知られるハード・ノンフィクションの巨匠。

「2018年 『シャブ屋の懺悔 西成密売四十年』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口組三国志 織田絆誠という男 (講談社+α文庫)のその他の作品

溝口敦の作品

山口組三国志 織田絆誠という男 (講談社+α文庫)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする