NとS(1) (KC デザート)

  • 講談社
3.86
  • (8)
  • (15)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 223
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065131763

作品紹介・あらすじ

木下新菜はある日、バイト先のカフェの常連客だった小田朔に珈琲を褒められたのをきっかけに恋に落ちてしまう。2人は少しずつ親しくなっていき、晴れて恋人同士に。初めてできた彼氏に幸せいっぱいな新菜だけど、高2の春、小田さんが担任として目の前に現れちゃって……!!? 先生と生徒、はなれてもくっついちゃう引力ラブコメ開幕! 累計160万部越え(紙+電子)『ライアー×ライアー』の金田一蓮十郎最新作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 先生と女子高生の恋愛なのだけれど、お互いがちゃんと現実的な視点で距離をとろうとしてるのが同テーマの他作品と違って新鮮。
    特に新菜ちゃん側、逆に現実にいないくらいこの状況で冷静に動こうとしてるよね。
    そうやって冷静に動けば動くほど、お互いに距離を置けなくなる運命の悪戯が重なって……っていうのが、他の恋愛ものではなかなか見ない感じで面白い!

  • 主人公の女子が自分に酔うタイプではなく、サラッとしていてとても好感の持てる人です。作者さんのPN由来も気になるところ。続きが気になってしょうがない。

  • 木下新菜はある日、バイト先のカフェの常連客だった小田朔に珈琲を褒められたのをきっかけに恋に落ちてしまう。2人は少しずつ親しくなっていき、晴れて恋人同士に。初めてできた彼氏に幸せいっぱいな新菜だけど、高2の春、小田さんが担任として目の前に現れちゃって……!!? 先生と生徒、はなれてもくっついちゃう引力ラブコメ開幕! 累計160万部越え(紙+電子)『ライアー×ライアー』の金田一蓮十郎最新作。

  • 姉弟の次は先生と生徒もの。
    先生と生徒の恋愛って重くなるお話も多いと思うんですが、金田一先生の描かれる先生と生徒の恋愛はほどよくコメディでとても読みやすいです!
    悪人が出てこないので気軽に読めます。
    出会いも学校とは全然関係ないところで面白い。可愛い2人のやりとりが今後も楽しみです。

  • 完全なる作家買いなんだけど、やっぱり面白かった。
    もともとは教師と生徒って知らずに付き合ってるんだけど、お互いのために別れちゃう。
    続きも楽しみ。

  • バイト先で出会った駆け出しの漫画家の青年と美味しいコーヒーを入れる店長の姪。付き合い始めた二人だけど、そこに高校の担任の先生として青年が赴任してきて、女子高生は付き合いをなかったことにするべきだと思い悩むが…別れても磁石のように引き合ってしまう二人を描いたお話。

  • 金田一蓮十郎さんの作品は、自分と相性がよく、どれを読んでも、ああ、この作品も大好きだ…となります。この作品も一巻でベタ惚れしました。

    すでに完結した『ライアーライアー』は血の繋がらない姉弟ものでしたが、新作もまた禁断の恋愛、今回は先生×生徒ものです。

    金田一蓮十郎さんの作品は設定がだいぶ変化球や(社会通念上)刺激的なものが多いです。
    私は個人的に先生と生徒や血縁関係、年の離れた恋愛などは地雷なのですが、なぜかこの方の作品は平気なんですよね。ベタベタしてないし、自己陶酔みたいな描写が全くなく、かつ笑いや温かさを感じます。
    出てくるキャラクターも悪人がいないせいか(少女漫画のテンプレ=愛する二人の間を裂く陰険女子とか登場せず)、読んでて嫌な気持ちになりません。全て愛おしく、読後いい世界にいさせてもらったなあ、この世界も捨てたもんじゃないと感じるような話が多いです。これは作者の内面がでているのかもしれませんね。本当に素敵な話が多いです。

    この新作も金田一蓮十郎さんの真骨頂で、道に反した恋を笑いと温かさで描いてます。
    たまたまカフェで恋に落ちた2人が、その後学校の担任と生徒としてまさか出会ってしまった、さあ、どうしよう!というドタバタラブコメです。
    ヒロインは悲劇のヒロインぶることなく、展開は切なさと笑いに満ちています。2人は理性的に別れを選び、淡々と実生活を送ろうとしますが、なぜかうまくいかず…という感じです。

    先生が、彼女が高校生と知った時に語るところ「生徒が教師に対して大人への憧れを恋と勘違いするのはまだ分かるけど、教師がそれに応じるなよ、と常々思っていて…」のシーンが好きです。ほんとそれ、と思いながら読みました。こういう風なセリフを男性キャラに言わせるところがこの作者の作品の良いところだなあ。この方の描く男性がほんと素敵です。

    続きも絶対読みます。

  • 溢れかえっている先生モノの中でも、ありそうでなかったタイプ!こういうのを私は求めていたんだ!
    先生だと知らないで付き合って、そのまま隠すのではなくきちんとその後のことまで考えて行動しているあたりが素晴らしい。
    お互いを思いやる感じがきゅんきゅんしてたまらない。

  • 初めての彼氏が担任の先生に。離れれば離れるほどくっついてしまう不思議な引力がはたらいているふたり。カミングアウトがあっさりでちょっと意外。連絡先削除からのその展開… お互い好きなのに、難しいところよね。

  • 201810/

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

『ジャングルはいつもハレのちグゥ』(「月刊少年ガンガン」掲載、第3回エニックス21世紀マンガ大賞準大賞受賞作)でデビュー。
代表作に『ジャングルはいつもハレのちグゥ』(スクウェア・エニックス)、『ライアー×ライアー』(講談社)など。現在『ゆうべはお楽しみでしたね』『ラララ』を「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)にて、『NとS』を「月刊デザート」(講談社)にて連載中。
青年誌から少女誌まで幅広く活躍。


「2021年 『NとS(5)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金田一蓮十郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×