あたりのキッチン!(4) (アフタヌーンKC)

著者 :
  • 講談社
3.88
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065132111

作品紹介・あらすじ

他人とのコミュ能力が限りなくゼロの大学生・清美は、いちど食べた料理はレシピまで解読できるというスゴ技(?)を持つ、定食屋「阿吽」のアルバイト。接客は地獄だけど、店主・善次郎の細やかな仕事ぶりに感動しつつ、ご近所さん達にビビリながらも温かく交流しつつ、自分が居たいと思える場所を見つけていく。善次郎の息子・清正(高校生)も、そんな清美に影響されて…。ホッと美味しい定食コメディ、心にもしみる完結第4巻!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 完結。

  • マスターと清美さんの縁も明かされ、マスターの息子さんの進路も決まり、大団円。最後のページに後日譚的に一コマ描かれた絵が、清美さんのこれからの活躍を示唆するようでなんだか嬉しい。外伝やサイドストーリーがあるともっと嬉しいのだけど。夏バテやテストや受験などなどで元気がなかったりするお客さんを、食べやすさや彩り、食材の工夫で優しく気遣うところがほっこりして好きでした。阿吽にはいろいろな名前の無い関係があって、自分もここにいていいんだ、居場所があるんだ、と清美さんが内心思うシーンが一番印象に。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

月刊アフタヌーン『あたりのキッチン!』(全4巻)にてデビュー。エッセイ漫画にも定評があり、コミックDAYSにて『白米からは逃げられぬ ~ドイツでつくる日本食、いつも何かがそろわない~』(全1巻)連載。アフタヌーン公式ツイッターでも4コマ『ぽけっとドイツ手帖』で活躍中。

「2021年 『あやかしメルヒェン(1)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

白乃雪の作品

ツイートする
×