嘘ですけど、なにか? (講談社文庫)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (9)
  • (24)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 180
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065132876

作品紹介・あらすじ

やっと出会えたはずの高級官僚の男は、新幹線爆破テロの発生直後から様子がおかしくなる。怪しんだ彼女が警察に通報すると、待っていたのは自分自身の逮捕だった。「君の言うことは、もう誰も信じない」木内一裕10作目は、完全エンターテインメント大作!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「こんな題名でどんな話?」と思ったが、そのまんま題名の通りだった。主人公の亜希ちゃんは、最高に面白い。街田隆介は、なんだかおまぬけなのだが、捨てがたいキャラクターだ。中学生の八郎兵衛も、名前に違わず面白い。すらすらと読めてしまって、後に何にも残らない。リアリティは無いねえ。

  • ★4.0
    主人公・水嶋亜希のキャラクターが面白くて、思わず噴き出してしまう箇所が多々。タイトルに冠した通り、飄々と嘘が吐けるところも、外見とは裏腹に中身がオッサンなところも、全部をひっくるめて水嶋亜希という魅力となる。そして、「ふざけるな!」とキレる人の多いこと(笑)。が、感情を露わにすることでテンポも良くなり、ついつい一気読みしてしまう面白さ。お気に入りのオッサン中学生・八郎兵衛と水嶋亜希のその後が気になるので、是非続編を書いてほしい。それにしても、表紙が絵(画:著者)ということに、ただただ驚くばかり。

  • 木内一裕『嘘ですけど、なにか?』講談社文庫。

    木内一裕の10作目の小説。余りにも偶然ばかりが重なる漫画的な出来すぎのストーリーに少しうんざり。最近の作品よりも初期の作品の方が遥かに面白いと思う。

    虚言癖を持つ32歳独身の文芸編集者・水嶋亜希はエリート官僚と偶然出会い、一夜の恋を楽しむが、とてつもない事件に巻き込まれていく。新幹線爆破テロに殺人。読み進むにつれ有り得ない展開が続き、食傷気味に。

  • 木内さん、初めてだったので楽しく読んでいした。

  • 面白かったです。
    亜希ちゃん強い!環さんも強い!女子が国家権力に立ち向かうお話でした。
    それに対してエリート官僚の待田のダメさ…叔父さんとばっちりも甚だしいです。
    でも、適当に罪状を作って簡単に逮捕とか出来るんだな、、とちょっと怖くなりました。亜希ちゃんは簡単な相手ではなかったのでやってやりましたが。痛快です。
    この作品で吐かれたたくさんの嘘…身を守ったり、身を滅ぼしたり。
    本を読みすぎたり映画を観過ぎたりすることも、引っかかりでもいいから少しでも身になってたらいいなぁと思います。お勉強が出来るだけでは駄目です(それすら出来ないけど)。
    亜希ちゃんも八郎兵衛も好きでした。強く逞しく…。
    装丁の女性が作者のイラストだということに驚きました。写真じゃないのかこれ……!
    「藁の楯」はあんな感じでしたが、こちらも映像化されたら面白そうです。

  • もうすぐ4月1日。学校は新学期になり、企業的にも新年度を迎える会社が多い。大晦日から元旦にかけて新年を迎える時ほどではないが、新たな学年や年度を迎えることで、気分も切り替わるタイミングではないだろうか。日本にはこういった物事をリセットすることを良しとする風習がある。いわゆる「水に流す」とか「過去を振り返らない」というような前向きな風習なのだが、元旦や4月1日という区切りをつけられる日があるというのは、何となく精神衛生上でも良いなと思う。

    また、4月1日は“嘘をついても許される日”「エイプリルフール」としても有名だ。エイプリールフールの起源には諸説あるようだが、罪のない嘘やエンターテイメント的な情報であれば気分も明るくなって楽しい。以前、イギリスのBBCが「空飛ぶペンギン」のフェイクニュースを流したのは有名な話だが、近年では日本でも他愛のないフェイクニュースを流しようになり、ようやく「楽しく正しいジョーク」が固定されてきたのがなと感じる。嘘は嘘でも、他愛のない心から楽しめる嘘や冗談は、ストレスの多い現代では大歓迎だろう。

    木内一裕さんが書かれた「嘘ですけど、なにか? (講談社文庫)」は、主人公が平気で嘘をつく編集者だという物語だ。嘘といっても「嘘も方便」といえるような嘘なのだが、そんな他愛のない嘘が主人公の周辺を徐々にきな臭いものに変えていく。

    主人公の水嶋亜希は、32才独身の文芸編集者。有能な彼女は作家からも信頼されており、困ったことに遭遇したりスランプに陥いったりするると亜希を頼ってくるほどだ。有能な彼女だけに、休みもろくに取れずにトラブル対応のために飛び回る日々が続く。そんな忙しい彼女が、ある日スマートで素敵なエリート官僚と偶然出会い、急速に接近していく。しかし、ある日思いがけないことで彼の秘密を知った亜希は、悩んだ末に警察に駆け込むが、逆に彼女が凶悪犯として疑われてしまう。彼は本当にエリート官僚なのか、何が真実で何が嘘なのか。亜希を取り巻く状況が、急速に危険な方向になだれ込んでいく。

    登場人物の誰もが個性的で、誰もが感情を剥き出しにしているのが面白い。だからこそ展開が速く感じられるし、ハラハラドキドキする感覚を味わうことが出来る。次々と事件が起こる展開の速さと伏線の多い展開とが合間って、思わず一気読みしてしまった一冊だ。オススメです。

  • 最初、あんなクズ野郎だと思ってなかったからそんな展開になると思ってなかった。心の声が面白いのとキャラ立ちしてるので、読みやすい。八郎兵衛も以外といいキャラだ。こんな感じのブラックコメディ?また読みたい。

  • このところ多忙につき、読感を書いている時間がない。
    とりあえず、読みましたということで、読了日と評価のみ記載。

    2018/12/4

  • 水嶋亜希、三十二歳独身。文芸編集者としてトラブル処理に飛び回る日々。仕事を頑張ったご褒美のように、ある日高スペックのエリート官僚と偶然出会い恋が始まる予感が。だが新幹線爆破テロ事件が発生すると、明らかに彼の態度が怪しくなっていく―私、騙されてる?痛快でドラマティックな反撃が始まる!

  • 初期作品ほどのインパクトなくなった

    • ことぶきジローさん
      同意。初期作品の方が面白いですね。
      同意。初期作品の方が面白いですね。
      2018/10/22
全23件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1960年、福岡生まれ。2004年、『藁の楯』(2013年映画化)でデビュー。他著に『水の中の犬』『アウト&アウト』『キッド』『デッドボール』『神様の贈り物』『喧嘩猿』『バードドッグ』『不愉快犯』『嘘ですけど、なにか?』がある。

「2020年 『ドッグレース』 で使われていた紹介文から引用しています。」

木内一裕の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
柚月 裕子
伊坂幸太郎
平野啓一郎
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

嘘ですけど、なにか? (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×