流砂

著者 :
  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (226ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065133095

作品紹介・あらすじ

父は何者だったのか?

70代の息子と90代の父親。老いた息子は父の記した奇妙な報告書を見つけた。
それは戦前、思想検事だった父親が、「思想犯の保護を巡って」自己の所信を開陳した報告書だった。
息子は父の過去にあえて向き合い、己の来し方の輪郭を確かめようとしはじめる……。

老いと記憶を巡る小説の冒険。自伝的長編小説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 父親夫婦と息子夫婦、同じ敷地内の二世帯住宅。元検事の90代の父親と70過ぎの息子の物語。途中、検事の娘と検事の息子の出会いが。なんとも不思議な雰囲気を醸し出している黒井千次さんの最近の作品です。「流砂」、2018.10発行。

  • 戦前は思想検事だった90代の父親が書いた「思想犯の保護を巡って」というタイトルの報告書を読んだ70代の息子は父親の過去に向き合うことになる。

  • 日常の何気無いことにも、丁寧に写しとってく感性と技量は、全く衰えが無い。年老いた主役を息子と表現し続けることに、この小説のテーマを感じる。あと時々でる漢字で読めないのがあった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

黒井千次

1932年(昭和7年)東京生まれ.55年東京大学経済学部卒業後,富士重工業に入社.70年より文筆生活に入る.69年『時間』で芸術選奨新人賞,84年『群棲』で第20回谷崎潤一郎賞,94年『カーテンコール』で第46回読売文学賞(小説部門),2001年『羽根と翼』で第42回毎日芸術賞,06年『一日 夢の柵』で第59回野間文芸賞をそれぞれ受賞.

「2019年 『老いのゆくえ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒井千次の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
川越宗一
森 まゆみ
三浦 しをん
島本 理生
中村 文則
平野啓一郎
柳広司
柴崎 友香
石原 慎太郎
桐野 夏生
篠田 節子
トマ・ピケティ
村田 沙耶香
真藤 順丈
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×