金田一37歳の事件簿(2) (イブニングKC)

制作 : 天樹 征丸 
  • 講談社
3.68
  • (5)
  • (5)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 110
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784065133637

作品紹介・あらすじ

天才高校生探偵、金田一一(きんだいちはじめ)は37歳のオッサンになっていた。今はPR会社で冴えないサラリーマン生活を送っている。仕事で、かつて「オペラ座館」があったリゾートに行く羽目になり、案の定、婚活パーティー中に殺人事件発生。「もう謎は解きたくない」と願うも、謎は解け、真犯人を突き止めてしまう。”第四のファントム”の正体を暴くため、容疑者達を呼び出すが、真犯人の罠によってかつてないピンチに!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 導入の話としてはだいぶ盛り上がりもあってよかったです。
    今後の展望も明らかになったのでさらに楽しみになりました。謎解きも外伝で面白おかしく言われてるような感じではなくてまだありえるかなというものだったので面白くみることができました。

  • 金田一37歳、最初の事件完結!謎解きに犯人以外来ないって(笑)犯人クズ過ぎ。金田一の危機に明智さんが颯爽と現れた!高遠登場。明智さんも高遠も老けないね(笑)金田一が謎解きしたくないと思う様になった過去の事件が知りたい!そして美雪はいつになったら出てくるのかな?次巻は2月発売予定。

  • 歌島リゾート殺人事件完結。まさか犯人の過去はあんなだったとは。いや〜、私もダイエット頑張ろうかな(^。^)
    そして地獄の傀儡師・高遠遙一登場。これは今後の展開が楽しみだ。
    はじめちゃんの決め台詞『謎はすべて解けた』から、『謎がすべて解けちまった……‼︎』へ。20年経ってえらく消極的だなぁ。はじめちゃん、どーした?

  • キャプテン翼のように大人になってからの方が、ご都合主義控えめで宜しい

  •  2巻目のだいぶ終りのほうで、ようやく1つ目の事件が終了。
     2つ目の事件の1話だけ入ってます。
     めっちゃいいとこで切りやがんな、チクショウ。

  • 37歳になってもマンネリ感を拭うことは出来なかった金田一。3巻目はもう買わないでしょう。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

画家/さとうふみや
漫画家。1991年に「カーリ!」で週刊少年マガジン新人漫画賞に入選し、デビュー。1995年、「金田一少年の事件簿」で講談社漫画賞を受賞した。ほかの作品に、「探偵学園Q」などがある。

「2018年 『金田一くんの冒険 2 どくろ桜の呪い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金田一37歳の事件簿(2) (イブニングKC)のその他の作品

さとうふみやの作品

金田一37歳の事件簿(2) (イブニングKC)を本棚に登録しているひと

ツイートする